教育目標

ともにかがやこう  思いやりの心 学び合う心 きたえ合う心

具体的な子どもの姿

思いやりの心 相手の気持ちを考えて行動する子
学び合う心 友達と支え合い、自分の「学び」を深める子
きたえ合う心 めあてに向かって進んで体力の向上・健康の増進に取り組む子

重点目標

相手の気持ちを考え、人とかかわる力を高める
聴き合う関係を築き、一人一人の「学び」を深める
自分に合っためあてを立てさせ、体力の向上や健康な生活への意識を高める

努力事項

<知>

(1)「子どもの学ぶ姿」を引き出す授業づくり

・子どもの探求・思考を促す課題作り

(2)聴き合う関係づくり

・分からなさを大切にする

・友達の思いを受けとめる

(3)朝学習・補充時間による基礎・基本の定着

(4)家庭学習のめやすを基にした家庭学習の習慣化

<体>

(1)めあてに向かって取り組む体育授業の充実

(2)運動環境の整備、児童会活動の活用(なわとびの業間運動)

(3)体力向上への継続した取組(学年一取組、全校一取組:立ち幅跳び)

(4)学校での体力向上に向けた取組を便 りで知らせる。(体力テストの結果、持久走、縄跳びの取組など)

(5)「元気アップ週間」の取組(メディアコントロールを重点)

(6)養護教諭、栄養教諭と連携した保 健、食育・給食指導の実施

<徳>

(1)寺小3A(あいさつ・あんぜん・ありがとう)運動の実施、あいさつの重点的指導

(2)各委員会との連携による寺小3Aの取組

(3)思いやり旬間の実施(6月・11月)

(4)学校生活アンケートと教育相談の実施

(5)異学年交流・縦割り班活動の充実

(6)学校生活や体験活動と関連させた道徳授業の展開

(7)かかわり合う力を育むSSTの重点的指導

(8)月歴や学年便りでの年間を通じた呼びかけ