新潟県音楽教育研究会 研究大会 11月17日(金) 研究主題「主体的に音楽を表現する子ども 〜協働的な学びにより思いをはぐくむ授業をめざして〜 」

ようこそ越路西小学校へ

                                                                                校長 桑原 哲朗                           
 当校は、岩塚小学校と塚山小学校が統合し、越路西小学校として平成16年4月に開校しました。約55,000平方メートルの敷地に、大きな木造校舎(一部2階建て)と新潟国体バレーボール会場となったドーム型体育館、グラウンド(200mトラック)、ビオトープ、自然観察林があり、恵まれた教育環境にあります。ここを訪れた人は、必ず「温かみを感じる校舎ですね。」と話してくれます。
 特色ある活動として、4年生が越路地域の宝「ホタル」を幼虫から飼育して、ビオトープに放流したり、県内の学校とホタルを通して交流したりしています。また、この豊かな自然環境を生かし、持続可能な開発のための教育を推進しています。美しい自然に囲まれた地域をいつまでも守り育てていくやさしい心を育て、地域に誇りが持てる子を育てたいと思います。
 2年前より主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)について研究を行っています。新学習指導要領の周知徹底を図り、今年度も、研究主題「学習意欲を高め主体的に学習に取り組む児童の育成」(3年次)に取り組みます。