学校案内

住所
〒940-2133
新潟県長岡市才津西町2200番地子
電話番号
0258-46-2773
FAX
0258-47-4727
E-mail
25saizu@kome100.ne.jp

児童の安全関係

配布文書はありません。

新着配布文書

重要文書

新型コロナウイルス感染拡大防止に注意をしながら、教育活動を行っています。先が見通せない状況ですが、安全・安心な学校づくりを第一に、「ピンチをチャンス」に変えて工夫を凝らした教育活動を行っていきます。

新着情報

2月12日 6年生 長岡戦災資料館見学

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生が社会科の学習で長岡戦災資料館を訪問しました。

長岡市戦災資料館は、1945年8月1日に起こった長岡空襲の惨禍と、平和の尊さを後世に伝承することを目的に2003年に開館しました。

その後、2006年に現在の長岡駅前に移転しました。1階が資料館、3階には空襲で亡くなられた方の遺影や市内の地図、模擬原子爆弾のレプリカの展示があります。

資料室では、長岡空襲に至る歴史や、空襲後の長岡市内、使用された焼夷弾や爆撃機などが展示されています。

焼夷弾のレプリカのずっしりとした重みを感じ、その焼夷弾が上空3000mから16万3千発も降り注いできたことを想像し、言葉を失いました。

3階の展示室では、空襲時に小学6年生だった土田ミヨさんから、空襲の様子や戦後生活の再建にご苦労されたことなどについてお話をお聞きしました。

空襲では、本当に多くの人々がなくなったこと、戦後は様々な物が不足し、大変だったことなどをお話しいただきました。子どもたちは皆真剣な表情で聞き入っていました。

「平和はもろくて尊いものだと感じた」
「次の世代に引き継いでいかなくてはならないと思った」
「二度と戦争を繰り返してはならない」

見学したことをもとに、戦争と平和についての学びを今後も深めていく予定です。

2月 手洗い用給湯設備の整備が進んでいます

記事画像1 記事画像2
新型コロナウイルス感染予防対策として、長岡市の予算で給湯設備の整備が進んでいます。

2.3階トイレ前には、電気式の給湯設備がすでに取り付けられました。

蛇口がセンサー式となっており、手をかざすだけでお湯が出てきます。

冷たい水では、なかなか手洗いが進まない傾向があったので、大変助かっています。

手をしっかり洗って、新型コロナウイルスの感染予防に努めていきたいと考えています。

2月 廊下に版画を掲示しています。

記事画像1 記事画像2 記事画像3
各学年が図工の時間に取り組んだ版画作品を廊下に掲示しています。

テーマは学年それぞれですが、どれも頑張って仕上げました。

版を作り、インクを塗って転写していきますが、出来上がりがイメージと異なることがあり、そこがまた版画の面白さとなっています。

2月18日の学習参観の際に子どもたちの力作をご覧ください。

2月15日ALTモーガン先生来校

記事画像1 記事画像2
長岡市のALTモーガン先生が来校され、外国語の学習を行いました。

モーガン先生は、カナダ出身で10年ほど前から日本で英語を教えられています。

15日は3・4年生の外国語活動と、5・6年生の外国語の時間にアシスタントとして参加し、ネイティブな英語の発音を教えてくださいました。

コミュニケーションを第一と捉えて、子どもたちとたくさん会話をしてくださいました。

カナダの自然や文化などについても教えていただき、楽しく英語を学ぶことができました。

2月10日 3年生総合「味噌仕込み」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
3年生が総合的な学習の時間で秋に学校で収穫した1.2kgの大豆を味噌に仕込みました。

子どもたちが本やインターネットで調べた仕込み方をもとに大豆を茹で、各班200gずつ取り分けて、つぶしたり麹と混ぜたりしながら味噌づくりを行いました。

大豆が茹で上がるとよい香りが校舎1階に広がりました。

3年生は、エプロンや三角巾、マスク、手袋を着用し、味噌仕込みを行いました。

この後、冷暗所で熟成させます。完成は今年の12月の予定です。

どんな味噌が出来上がるか、今から楽しみです。

2月9日 図書館司書が読書指導を行いました。

記事画像1 記事画像2 記事画像3
才津小学校には、月2回、図書館司書の先生から来ていただいています。

普段は、書架の整理や、図書の修繕などのメンテンナンス、昼休みの読み聞かせなどの活動をしていただいています。

今回は、読書旬間に合わせて、いくつかの学年に入っていただき、書架の分類番号の意味を教えていただいたり、実際に本の整理について学びました。

その他にも、学年の学習に添った絵本の読み聞かせや、図書の紹介をしていただきました。

本との出会いは奇跡に近いものがありますが、これからもよい本に出合えるよう、取組を進めていきます。

2月9日 にいがた和牛ラスト!「ビーフカレー」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
第1弾「すき焼き汁」、第2弾「中之島プルコギ丼」に続く、第3弾「ビーフカレー」の日でした。

おいしい「にいがた和牛」を育ててくれた酪農家さんや、おいしく調理していただいた調理員さんに感謝しながらいただきました。

一食単価300円未満の給食とは思えないそのクオリティーに驚きながら、おいしくいただくことができました。

(そしてサラダは、鬼滅の刃「炭次郎」のシンボルカラーをイメージした色合いでした。)

にいがた和牛は今回で最後になります。おいしい食材がたくさんある新潟県。

その魅力を再確認できた取組でした。



2月3日 低学年雪遊びin国営越後丘陵公園

記事画像1 記事画像2 記事画像3
1.2年生で一人一台そりを持ち、国営越後丘陵公園へそり遊びに行ってきました。

降っている雪もものともせず、そりを何回も乗ったり、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりして、冬の遊びを思いっきり楽しむことができました。

お昼はあご家庭で作っていただいたお弁当をおいしくいただきました。用意していただきましてありがとうございました。

お互い譲り合ったり、助け合ったりする姿も見られ、仲間と一緒に活動する有意義な経験となりました。

得られた学びを今後に生かしていく予定です。

2月3日 図書ボランティア上学年読み聞かせ

記事画像1 記事画像2 記事画像3
上学年を対象に、図書ボランティアの方から読み聞かせをしていただきました。
4年生・・・「大きな木」

5年生・・・「三匹のかわいいオオカミ」

6年生・・・「花咲き山」

上学年になるほど、本を読んでもらうことは少なくなるのですが、どの子も読んで聞かせてもらうことはうれしいようでした。上手な読み手に引き込まれていました。

週末は親子読書があります。ぜひご家族で読書に親しんでいただけたらと思います。

2月1日〜 読書旬間がはじまっています。

記事画像1 記事画像2 記事画像3
読書旬間が始まっています。

図書委員が読書ビンゴカードを作成し、ビンゴ達成者には手作りのしおりをプレゼントしています。

ビンゴには「才津っ子の100冊」「物語や小説」などのマスがあり、そのジャンルの本を一冊読むとマス目を塗りつぶすことができます。

しおりは、不要になった本のカバーを切り抜いてラミネートをかけたものです。

読んだことのある本のキャラクターがしおりになっているので、しおりはとても人気になっています。

しおりをきっかけに本に親しんでもらえたらと考えています。

1月29日 高学年スキー教室

記事画像1 記事画像2 記事画像3
あいにくの荒天でしたが、思っていたよりも風雪は厳しくなく、5・6年生が八海山麓スキー場へ元気にスキー教室へ行ってきました。

今回もスポーツサポータの方から多数参加していただき、スキーインストラクターの方と合わせて、分かりやすい指導をいただくことができました。誠にありがとうございました。

午前午後とも、子どもたちはみんな無事に滑りを楽しむことができました。

「久しぶりで少し怖かったけれど、すぐに慣れて楽しめた」「両足をそろえて曲がることが少しできるようになった」などの感想が聞かれました。

スキー教室をきっかけに、これからも雪に親しんでいってほしいと願っています。


1月26日 不審者対応避難訓練を実施しました。

記事画像1 記事画像2 記事画像3
全校一斉に不審者に対応した避難訓練を実施しました。

不審者が校舎に侵入し、校舎3階に現れた想定で訓練を行いました。

トランシーバーや児童による通報、不審者に対峙する教職員の動き、避難場所に避難する児童の動きなど、緊張感をもって確認することができました。

体育館に集合してからは、元警察官であるスクールサポートスタッフより、不審者に遭遇した場合の対処の仕方(ランドセルをつかまれたら、ランドセルを脱ぎ捨てて逃げる)を1.2年生が学びました。

あってはならない不審者との遭遇ですが、これからも一人一人が自分の身を守れるように、定期的に避難訓練を実施していきます。

1月26日 にいがた和牛給食2「中之島プルコギ丼」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
以前からお伝えしていた「にいがた和牛給食」。

今回も立派な霜降り!和牛が届きました。

玉ねぎ、赤パプリカ、キャベツや小松菜などと一緒に大きな鍋でぐつぐつ煮込みました。

最後に、中之島名産のレンコンチップスをそえて「プルコギ丼」の完成です。

学校中によい香りが充満し、子どもたちはとてもおいしそうにいただきました。

寒い冬ですが、心温まる給食にみんな喜んでいました。

1月25日 4年生「音楽×プログラミング」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
コンピュータを使って音楽を制作することは、ずいぶん前から行われています。
近年では、歌詞を入力すると音程を付けてコンピュータに歌わせることも容易にできるようになっています。音楽とコンピュータは今では切っても切れない関係にあると言えます。

4年生の音楽の研究授業では、導入したばかりのタブレット端末が登場しました。
自分たちが考えた冬をイメージする言葉を、四分の四2小節のなかでリズムを付けるという学習でした。そのリズムをコンピュータソフト「スクラッチ」に打ち込んで、できたリズムを聞き合いました。

コンピュータの良いところは、一度打ち込んだリズムを何回も聞けるということです。同じリズムを何回も手軽に再現できるので、リズムに対する理解を深めることができました。入力には若干手間取ったようですが、入力したプログラムがうまく機能することにも子どもたちは楽しさを感じていたようです。

「音楽×プログラミング」

可能性の大きさを感じることができました。

1月22日 中学年スキー教室

記事画像1 記事画像2 記事画像3
あいにく天候は雨でしたが、八海山麓スキー場に元気に行ってきました。

昨年、おととしとほとんど雪が降らない状態でしたので、参加した多くの児童は久しぶりのスキーでした。

雨も降っていたので、けがをしないことを前提に、保護者ボランティアの皆様のご協力をいただきながら安全にスキーを楽しむことができました。

簡易ポンチョも効果を発揮していました。

昼食は感染症予防を徹底し、間仕切りのある机を使ったり、壁の方を向いたりして、黙食でいただきました。

「はじめは滑ることが怖かったけれど、丁寧に教えていただいたことでうまく滑れるようになった」「リフトに何回も乗れてうれしかった」などの感想が聞かれ、一様に雪の感触を楽しむことができた様子でした。

スキー道具の準備など、ありがとうございました。

まだまだ雪はありますので、この経験を生かして、ご家庭でも雪に親しんでいただきたいと考えています。

1月21日 3年生 歴史博物館へ行ってきました。

記事画像1 記事画像2
3年生社会科「昔のくらし」の学習で県立歴史博物館へ見学へ行ってきました。

主に「雪国のくらし」ゾーンを担当の方に案内していただきました。

道路上には雁木(がんぎ)の高さにまで雪があり、その木の下にトンネルを掘って行き来する様子の展示は驚かされました。

昔の道具については、現在ほど便利ではないですが、先人たちの少しでも暮らしを良くしたいという工夫や知恵をいくつも学ぶことができました。

今後は、学習のまとめをしていく予定です。

あいさつリレー 5年生「きらきらおみくじ」

記事画像1 記事画像2
5年生のあいさつリレーは「キラキラおみくじ」です。

児童の発案で「よいあいさつができた人は、おみくじが引ける」というものです。

「おはよう!」「おはようございます!」のあとに5年生手作りのおみくじを引きます。

「やった!大吉だ」「おめでとうございます!今日はよい一日になりますね!」など、あいさつ以外の会話も広がりました。

あいさつ+αの会話は、仲良くなるきっかけとなります。

5年生らしい、楽しい取組となりました。

あいさつリレー 2年生「あいさつ応援隊」

記事画像1 記事画像2
2年生のあいさつリレーは名付けて「あいさつ応援隊」

2年生の子どもたちから「よいあいさつをしてくれた人を応援したい」「楽器を鳴らして応援したらどうかな?」などの発案をもとに、「あいさつ応援隊」の活動を行いました。

「おはようございます!」と元気にあいさつすると、2年生はタンバリンや鈴を鳴らしてよいあいさつをした人を応援してくれます。

応援を受けた児童はちょっぴり恥ずかしそうでしたが、児童玄関からはたくさん楽器が鳴る音が聞こえていました。

各学年の工夫であいさつが広がっています。

1月19日5年生研究授業「What would you like?」

記事画像1 記事画像2 記事画像3
政府が進めるGIGAスクール構想により、才津小学校にも1人1台のタブレットパソコンが導入されました。

GIGAスクール構想の目的は「多様な子供たちを誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学びの実現」です。

予測が困難な社会にあっても自分の能力を発揮しながら未来を切り拓いていけるように学びを進めていきますが、その強力なツールとして一人一端末を活用した学習が始まっています。

教える側も研修を進めています。今回はコロナ禍もあり、本来5か年計画で機器の整備を終える予定が一気に1年での整備となる中、教える側の研修が必ずしも十分ではない中でのスタートとなっています。

才津小学校では、タブレットの導入に合わせて、職員研修を行っています。

今回は5年生が外国語(英語)の授業研究を行いました。

「What would you like?」のフレーズを使ったレストランでの会話の様子をタブレットで撮影し、その動画をグループで見ながら、会話をスムーズに行うためのジェスチャーや気の利いた言葉がけについて話し合う内容でした。

子どもたちは、学習してきたフレーズにジェスチャーを交えながら会話を進めます。その様子を別の児童がタブレットで撮影します。その動画を「自分の声ってこんな声?」「恥ずかしい」などと言いながらも、会話における工夫を見つけていました。

発表したものを見返すことが簡単にでき、話合いを活性化することに繋がりました。

今回の授業研究を通して、英語学習のスタイルの新しい可能性、その他の教科での再現性を確認することができました。

子どもたちがタブレットを使って生き生きと学習を進める様子も見て取れました。

タブレットの活用は「令和の教育のスタンダート」と言われていますが、子どもも教員も十分使いこなせるようにこれからも研修を進めいていきます。

1月19日 MB楽器体験開始

記事画像1 記事画像2 記事画像3
1月19日より、マーチングバンドの新メンバーとなる4年生の楽器体験が始まりました。

小グループに分かれて、5年生のコーチのもと、楽器を持ったり、音を出したり、これまで見ることしかできなかった楽器を体験しました。

「見た目以上に重かった」「リズムをたたくのが意外と難しかった」「少し音が出てうれしかった」などの感想が聞かれました。

4年生は、実際に楽器を体験しながら自分の適性や希望を確かめていたようです。

アクセスカウント

048086

今月:1451、先月:1934、本日:5、昨日:41

アクセシビリティ設定

文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地

携帯サイトリンク

長岡市立才津小学校携帯サイトQRコード

PDF文書について

各種おたよりや登校許可証明書などのPDF文書を閲覧するためにはお使いのコンピュータに 「AdobeReader」がインストールされている 必要があります。

PDF文書が閲覧できない場合にはAdobe社サイトより最新の 「AdobeReader」をダウンロード、インストールしたのち再度文書を開いてください。

adobe_reader