1月9日 まゆ玉飾り

画像1 画像1 画像2 画像2
 阪之上小学校では,毎年1年生が,木の枝に鯛・小判・宝船・米俵などをかたどった縁起物「まゆ玉」をつるし,玄関に飾り付けます。
 今年は,1年生きらり学年の子どもたちが,飾り付けを行いました。カラフルな飾り物が取れないようにひもで結ぶのに苦労した子もいましたが,協力してたくさんの飾りをつけることができました。
 1年生が作ってくれたまゆ玉のおかげで,冬の暗い玄関がパッと明るくなり,とても素敵な雰囲気です。ご来校の折に,ぜひご覧ください。

1月10日 避難訓練(冬の火災想定)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 冬休みが明けてもうすぐ1週間。子どもたちは寒さに負けず,元気に活動しています。
 今日は,降雪・積雪時の火災に備え,避難訓練を行いました。学校周辺に積雪はありませんが,滑りやすい場所や危険な場所を想定しながら,素早く避難場所(アリー下駐車場)に避難することができました。全校児童(約280名)が避難完了するまでにかかった時間は,4分25秒。5分かからず素早く避難できました。防火戸の扉を開いて避難することや校舎外側の非常階段を使用しての移動も,落ち着いて安全にできました。
 災害は,いつ,どこで,どのように起こるか分かりません。どんな状況でもどんな場所でも自分の命を守れるように,いろいろな場面を想定して定期的に訓練することで準備しておくことが大切です。今後も,命を守るためには,どのような行動をすればよいか,日頃から考えながら生活し,災害時に自分の命を守る行動ができるようにしていきます。

1月8日 校内書き初め大会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 新年のすがすがしい空気の中で日本古来の伝統行事「書き初め」に親しむ,校内書き初め大会が行われました。
 まずは毎年恒例,校長先生による演示です。校長先生が書いた今年の文字は「勇気」。新年のめあて,将来への夢や希望の実現のために勇気をもって挑戦してほしいという願いが込められています。
 校長先生の演示の後は,いよいよ子どもたちの書き初めです。どの教室もピンと張り詰めた真剣な雰囲気の中,一画一画気持ちを込めて丁寧に書く子どもたち。冬休みの練習の成果を生かし,じっくりと時間をかけて書き上げた字を見て,満足そうな表情を浮かべていました。
 書き初め大会で書いた作品は,14日から31日まで各教室で展示します。14日の学習参観の折に,ぜひご覧ください。学習参観後も平日であればいつでもご覧いただけます。ご来校お待ちしています。

1月7日 冬休み明け全校朝会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「あけましておめでとうございます」のあいさつとともに,阪之上小学校の新しい年,令和2年が幕を開けました。
 2学期後半最初の全校集会では,日本人が大切にしている「節目」についての校長先生のお話を聞きました。「竹は節から節までをしっかりと積み上げることで大きく立派に成長する。人も同じ。人生の節目に自分の心や行いを決めたり固めたりすることで強くしっかりと生きることができる。新しい年になったこの節目にめあてや心を決め,進級・卒業までの3か月間,やり残しなく,きっちりと今の学年の仕上げをしよう。」という話を聞く子どもたちの背筋は,竹のようにピンと伸び,新年の決意が伝わってくるようでした。
 生活指導主任からは,冬の過ごし方と子どもたちのあいさつについての話がありました。12月の保護者アンケートで,来校時の子どもたちのあいさつについての肯定的評価が80%を超えたことを聞いた子どもたちは,みんな笑顔でうれしそうでした。これまで行ってきた,みつば児童会主体のあいさつ運動や「あいさつ隊」による取組を継続し,あいさつの意義やよさをさらに実感できるようにしていきます。
 卒業・進級まで,あと52日。2学期後半も,子どもたちの成長が楽しみです。

12月23日 冬休み前 全校朝会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 24日から,子どもたちが楽しみにしている冬休みです。6年生は全員でオープンスペースの雑巾がけをして,お世話になった校舎に感謝の気持ちを表していました。
 2学期前半最後の全校集会では,「冬休みに大事な三つのこと 一,自分の1年間の取組をしっかり振り返ること 二,新年の誓いを立てること 三,家族の一員としてできることを進んですること」という校長先生の話がありました。子どもたち一人一人が自分の取組を振り返ったり,冬休みの過ごし方を考えたりしながら聞いていました。
 最後は,生活指導主任からの,楽しく充実した冬休みを「自分で創る」ための大切なお話(冬休みの生活について)をしっかりと聞くことができた子どもたち。14日間の冬休みを楽しく安全に過ごし,一回り成長した姿で2学期後半を迎えられるよう願っています。(リンクをクリックすると「冬休みの生活について」をご覧いただけます→)<swa:ContentLink type="doc" item="9523">冬休みの生活について</swa:ContentLink>

12月12日 いじめ見逃しゼロみつばっ子集会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 12月10日の「世界人権デー」に合わせて,みつば児童会による「いじめ見逃しゼロみつばっ子集会」を行いました。
 今年度の取組は「みつばハート大作戦」です。大きな三つのハート(みつばハート)を12個ずつのピースに分け,学級や全校縦割り班(村)ごとに,いじめをしない・させない・見逃さないためにできることや,仲間のよさなどを書き込みました。できあがったピースを貼り合わせると「みつばハート」が完成!最後は,完成したみつばハートを囲んで,全校で児童会の歌を歌いました。「いじめをしない・させない・見逃さない」ように,一人一人が行動していきます。

12月10日 鉄棒発表会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 11月1日〜12月10日は「鉄棒月間」です。この日は,休み時間や体育の時間に自分の目標に向かって練習した成果を発表する「鉄棒発表会」を行いました。
 寒い日でしたが,アリーナは子どもたちの熱気でいっぱい。たくさんの保護者の皆さんも応援に駆け付けてくださいました。
 演技時間は低学年45秒,中・高学年60秒です。目標とする技や発表する技は一人一人違いますが,どの子もこれまでの練習でできるようになった技を,最後の1秒まで力いっぱい披露することができました。演技する仲間を一生懸命応援したり,上級生の演技を見て,あこがれの気持ちや目標をもったりすることも,阪之上小学校の鉄棒発表会のよき伝統です。これからも,練習の積み重ねによってできた達成感を味わったり,自分を信じて挑戦し続けたりしてほしいと願っています。

楽しかった「おいもパーティ―」

画像1 画像1
12月13日に、お家の方を招待して「おいもパーティー」を行いました。
今年は、「茶巾絞り」を作りました。あらかじめふかしておいたいもを調理するところから始めました。手順は、つぶす→まぜる→しぼると簡単です。みんなが仲良く順番に作業を行いました。
 お家の人が集まり、パーティーが始まりました。「おいしいね。」「おかわりはありますか?」とみんなから好評でした。会食の後、「がんばったこと発表」を行いました。下学年は、鉄棒でできるようになった技のこと、国語や算数の学習をがんばっていることを発表しました。上学年は、立山登山や親善音楽会、英語劇の学校行事をやり遂げたことで成長した自分の姿を発表していました。
お家の方からは「おいしかったです。」と喜んでいただきました。子どもたちは、「おいもパーティー、またやろうね。」と満足そうでした。
 「茶巾絞り」は焼かないスイートポテトです。短時間でしかも、失敗せずに作れるおやつです。「家でもさっそく作りました。」と報告をいただきました。

鉄棒発表会、がんばりました!

画像1 画像1 画像2 画像2
10日(火)の5時間目に,鉄棒発表会がありました。本番の「60秒」の中に,これまで練習してきたことを精一杯披露します。演技の前,子どもたちの多くは「緊張しています。」と話していました。本番では、どの子も最後の1秒まで,精一杯演技をしていました。本番後,「今まで練習してきた成果を出すことができた。」「今年は新しい技ができるようになった。来年はもっと難しい技に挑戦したい。」と振り返っていました。目標を決めて、目標に向かって前向きに取り組む姿,友達と声を掛け合って取り組む姿がたくさん見られました。

練習の成果を出し切った鉄棒発表会

画像1 画像1 画像2 画像2
10日(火)に鉄棒発表会が行われました。子どもたちは,発表会に向けて一生懸命練習を重ね,技の精度をあげたり,新しい技ができるようになったりと自信をつけてきました。発表会の日は,寒い中ではありましたが,最後の1秒まで力いっぱい演技をすることができました。また,仲間を一生懸命応援したり,大技が出た時に歓声をあげたりする姿が見られました。そして,仲間のすごい演技を見て「あんな技ができるようになりたい」と新たな目標をもつことができたようです。これからもいろいろな技に挑戦し,できるようになる喜びを味わってほしいと思います。

ロボホンおもしろい!

画像1 画像1 画像2 画像2
 先日、小さなロボット(ロボホン)の出前授業がありました。パソコンでプログラムを組み合わせてロボットを動かします。4年生は初めての体験でしたが、歌や踊り、逆立ちなどのプログラムをロボットに与えました。ロボットがいろいろな動作をすることを楽しみました。「思ったよりも難しくなかった。」「みんなで動きをそろえて動かすと楽しい。」など、前向きな感想をもった子どもたちでした。

リコーダーお別れ会

画像1 画像1
 リコーダーとのお別れ会を行いました。
 「思い出」を残すために『アイネクライネナハトムジークをもう一度吹く』、『リコーダーで床に文字をつくって記念撮影をする』、「感謝」の気持ちを表すために『丁寧にリコーダーを手入れする』の三つを企画しました。演奏では真剣に、記念撮影では笑顔で、手入れの際はしみじみと…、どれもリコーダーとの別れを惜しむ姿が見られました。

ふるさと遠足に行ってきました。

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生は、総合的な学習で「わたしたちの学校」について学習しています。学習が始まった頃には,多くの子どもたちは「阪之上小学校は昔から今の場所にずっとある」と思っていました。学習が進んでいくと,現在の長岡駅周辺を何度か移転していることを知ると,大変驚いていました。その後「阪之上小学校の跡地を自分たちで歩いて巡り,阪之上小学校の成り立ちや歴史について考えること」をめあてに,11月1日(金)にふるさと遠足に出かけました。歩いていると,「もし,ここが学校だったら,今よりも近いよね。」「でも何回も場所が移っているのは,なぜだろう?」「学校が引っ越しするのは大変なはず。わざわざ引っ越しするには『何か』が起きたのかも。」「…もしかして戦争…?」ふるさと遠足を通して,学校の成り立ちや歴史に関心をもつ姿が出てきました。

鉄棒練習、コツコツ頑張っています!

画像1 画像1 画像2 画像2
まもなく、鉄棒発表会です。得意な子もそうでない子も,昨年度よりも,できる技を増やそうと,繰り返し練習する姿が見られます。休み時間にも練習に取り組み,「1回,膝掛け後ろ回りができた!」「コツが分かってきた!」など,嬉しそうに話をしてくれます。「膝掛け前回り」,「逆上がり」などの難しい技にチャレンジする子もいますが,自分で決めた目標の技ができるように継続して努力することが大切です。鉄棒の技は,練習を繰り返すことで,ある日,突然できるようになることがあります。毎日の積み重ねの大切さに気付くことができるよう,声をかけていきたいと思います。

11月21日 阪之上教育フォーラム2019

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 県内外から300名以上の参会者をお迎えし,阪之上教育フォーラム2019を開催しました。学習指導要領改訂を見据え,校内研修テーマ「学習者としての自立を促す授業の創造」に迫るために取り組んできた4年間の研究の成果の一端を公開し,ご参会の皆様と,これからの授業や学校の在り方などについて語り合いました。
 午前中の全校発表では,阪之上小学校の宝物である「音楽発表」と「英語劇『米百俵』」の上演を行いました。
 午後は,六つの学級で公開授業を行い,自立して学習する子どもたちの姿を見ていただきました。その後の授業協議会では,子どもたちの姿や教師の働きかけ等について語り合うことができました。
 ご多用の中,ご参会いただいた皆様,フォーラムの運営にご協力いただいた保護者・地域の皆様,ありがとうございました。皆様から頂いたご示唆をもとに,子どもたちのさらなる自立,人間としての成長に向け,引き続き取り組んでまいります。

11月29日 英語劇「米百俵」上演

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 教育フォーラムでの校内発表から一週間。6年生「ドリーム学年」は,見ている人に思いを届けるために,動きや台詞,間合いなどをさらに練り直し,リリックホールでの本番に臨みました。
 仲間と意見を出し合って練習を繰り返したこと。役を演じるのでなく,その人になるんだと本気で考えたこと。「米百俵の学校」阪之上小学校で学ぶ誇りを胸に一生懸命頑張ったこと…。英語劇を創り上げる中で,子どもたちは大きく成長しました。
 先人の思いやこれからを生きる自分たちの思いを伝えようと,本気で演じる子どもたちに,客席を埋めた400名以上の観客の皆さんから,リリックホールいっぱいに響きわたる拍手をいただきました。
 様々な形で阪之上小学校の英語劇「米百俵」を支えてくださった皆さんに,心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

11月21日 阪之上教育フォーラム 一般参会者駐車場について

画像1 画像1
 雨による駐車場(グラウンド)コンディション不良のため,一般参会者の方は,当校グラウンドの利用はできません。周辺の有料駐車場(E・PLAZAや大手通地下駐車場など)をご利用ください。(リンクをクリックすると会場周辺図をご覧いただけます→)<swa:ContentLink type="doc" item="9207">教育フォーラム 一般参会者駐車場について</swa:ContentLink>
 また,学校周辺のスーパーマーケット等には駐車しないようお願いいたします。
 ご来校の皆様は,お気を付けてお越しください。

11月20日 阪之上教育フォーラム 一般参会者駐車場について

 雨による駐車場(グラウンド)コンディション不良のため,一般参会者の方は,当校グラウンドの利用はできません。周辺の有料駐車場(E・PLAZAや大手通地下駐車場など)をご利用ください。(リンクをクリックすると会場周辺図をご覧いただけます→)<swa:ContentLink type="doc" item="9207">教育フォーラム 一般参会者駐車場について</swa:ContentLink>
 また,学校周辺のスーパーマーケット等には駐車しないようお願いいたします。
 なお,今後の天候によっては,駐車場(グラウンド)が利用可能になる場合があります。11月21日(木)午前7時30分頃,再度お知らせします。

画像1 画像1

11月12日 全校朝会

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 秋が深まり,学校前の福島江沿いの街路樹やプロムナードの木々も色づいてきました。
 今日は,11月の全校朝会を行いました。英語劇の上演に向けて日々練習に取り組んでいる6年生は,衣装に着替え,正座して全校児童が集まるのを待っていました。背筋を伸ばし,まっすぐ前を見て座る6年生を見て,1〜5年生の気持ちも引き締まり,素晴らしい雰囲気で会を始めることができました。
 校長先生からは,私たちが生活する長岡の土地がどのようにできたかについての話がありました。信濃川を流れる水の働きによって長い年月を経て今の土地ができたこと,信濃川がつくった地形を利用した人々の暮らしがあったことなどの話をいただきました。先日の水害の様子や社会科・理科の学習と関連付けて考えている子どももいました。
 また,夏休み明けに書写の大会に挑戦した子どもたちの表彰と新潟県よい歯の学校運動の表彰も行いました。阪之上小学校は,よい歯の学校運動に全校で取り組んでおり,県内1045校の中から努力賞に選ばれました。これからも,歯の健康を守るためにがんばろうという気持ちを込めて大きな拍手をしました。

10月31日 ことばの学校 出前授業

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 言葉を通じて豊かな心を育むキャンペーン「ことばの学校」の出前授業を行いました。講師としてお迎えしたのは,劇団カタコンベ主宰の戸中井三太様です。「渡す。受け取る。」をテーマに,相手の心に届く言葉の使い方や人とのかかわり方を体験を通して学びました。「相手の心に言葉を置いてあげるように話すと,言葉が心に入ってくる」「心を込めて人とかかわると,心が喜んでポカポカする」など,戸中井様のアドバイスの言葉で,子どもたちの話し方が変わっていきました。最後には,英語劇を上演する6年生への励ましの言葉をいただくこともできました。
 言葉の大切さ,言葉を通して心を通わせることの楽しさを実感することができた素敵な時間でした。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31