TOP

ライオンキング(1年:英語劇)/中越教育美術展

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
●本日1年生を対象に、宮内中学校では初めての実践となる「英語劇による表現活動」を行いました。指導をしていただいたのは、ドラマ・エデュケーターの小口真澄さんです。小口さんは、「夢中になるから英語が話せる」をモットーに、東京学生英語劇連盟で英語ミュージカルを教える演出家としても活躍されている方です。そんな小口さんから、1年生全員で作りあげる「ライオンキング」の英語劇をご指導いただきました。

 1限から5限までは、体育館で各クラスごとに小口さんから熱のこもった指導を1時間ずつ受け、クラスが担当する劇の場面の練習を行いました。最初は恥ずかしがってなかなか声が出なかった生徒たちも、たった1時間の指導で見違えるような表現力を発揮するになりました。英語の学習はもちろん、表現力やコミュニケーション力、そして集中力や問題適応能力などの習得に関しても、実に意義のある学習でした。

 6限には各クラスが場面ごとを担当して発表し、感動的な英語劇「ライオンキング」を上演しました。「恥ずかしがらずに表現する」「仲間を信じ自分を信じて行動する」「決して立ち止まらない」「協力してやり遂げた感動」など、この活動を通して生徒たちは多くのことを学びました。また、多数の保護者の皆さんがご来校くださり、生徒たちの活動をご覧いただきました。ご協力いただいたPTA1学年委員の皆さんにも心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

●さて、長岡市中央図書館の2階にある長岡市美術センターで、現在、中越教育美術展が開催されており、多くの小中学生や保育園・幼稚園児の絵画作品が展示されています。この美術展には宮内中の生徒の作品も多く入賞しており、その中から以下の5名の作品が展示されています。

【第53回新潟県中越教育美術展】
 ・新潟日報社賞 KMさん(1年)
 ・中越教育美術研究会賞 HMさん(1年)
 ・中越教育美術研究会賞 KAさん(2年)
 ・特選 TKさん(2年) KAさん(2年)

 美術展は13日(日)まで開催されていますので、ぜひ多くの皆さんからご覧いただきたいと思います。素晴らしい作品ばかりです。  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30