どんな困難にも負けずに、最後の成功を目指して自己のベストを尽くす町校の伝統精神

明けましておめでとうございます

画像1 画像1
 皆様、明けましておめでとうございます。
 旧年中はたいへんお世話になりました。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 降積雪のない穏やかな年末年始でした。児童玄関にも、管理員さん手作りの門松が飾られました。本日、冬休みを終え、元気な顔と活気が町校に戻ってきました。

 まずは凛とした空気の中、体育館で行われた全校集会では、スタートの子年にちなんで、皆が躍動し、明るい展望が広がるようにと、数種類の書初めをもとにした校長講話がありました。五輪の意味についての問答では、どの学年も積極的に手を挙げ発言しようとする活気ある姿が見られました。

 そして、五輪にちなんで、心掛けたい五気(五つの気持ち)について話がありました。
〇元気  
元気の源は、よく食べ、よく動き、よく眠り、よく笑うこと。
〇やる気 
自分は、できる・やれる・がんばれる。大切な心意気、三つの「る」。
〇根気
不撓不屈の町校魂。あきらめず、粘り強く物事に取り組み、やり遂げる・成功させる。
〇本気
本気ですれば たいていのことができる・本気ですれば なんでもおもしろい・本気でしていると 誰かが助けてくれる。この有名な詩を参考にしてみる。
〇勇気
チャンスを生かし、失敗を恐れず、勇気をもってチャレンジしてみる。

 締めくくりには、第一校歌を斉唱した後、全員で記念撮影をしました。

 こうして、心新たに2学期後半3か月がスタートしました。
 卒業、進級の節目には、きっと一人一人にきれいな桜が咲く素敵な春が訪れることでしょう。
画像2 画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31