どんな困難にも負けずに、最後の成功を目指して自己のベストを尽くす町校の伝統精神

今こそ、町校魂で!4

画像1 画像1
 新型コロナウイルス感染防止に係わって、国の要請及び長岡市の指導に基づき、3 月 2 日(月)から休校措置を取り、2週間が経過しようとしています。電話等での健康観察及びお子さんの御家庭での様子をお聞かせいただき、大変ありがとうございました。

 この度、長岡市教育委員会から、「必要に応じて感染防止等に十分配慮したうえで、児童が学校に来る日を設定してもよい」 との通知がありました。これを受けて、任意の登校日を設定することとしました。

 概要等はホームページや一斉配信メールでお伝えしたとおりです。これらをまとめた臨時休校中の登校日及び卒業証書授与式について(お知らせ)は、こちら からご覧いただけます。
 なお、今後の感染状況の変化等により、急な変更もあり得ます。御理解と御協力をよろしくお願いいたします。

【追加連絡】一斉メール配信でお伝えしましたが、17日(火)の登校日についての追加連絡があります。

*17日の登校日に参加されない場合は、16日(月)までにお電話(表町小0258-32-0073)にてご連絡ください。また、その際は登校班へも連絡をお願いします。なお,6年生は午後からの登校になるので,集団登校には参加しません。

*1〜3年生で、17日の登校後に児童館を利用する方は、事前に把握する必要があるため、お手数ですが、16日までに必ずお電話(表町小学校0258-32-0073)にてご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

 〜町校の子どもたちへ〜
 事故なく、けがなく、病気なく!手洗い、うがい、換気のほか、適度に体を動かす、早寝早起きで十分な睡眠をとる、よく噛んでしっかり食べるなど、自分の体の健康には十分気を配ってください。・・・元気に再会できることを楽しみにしています!
 3月の生活目標は、「ありがとう」を伝えよう!です。今年度もここまでみんなが成長できたのはたくさんの人、物、出来事との出会いがあったからですね。感謝の気持ちで1年間を振り返り、心新たに4月からの新生活に備えましょう。
 そんな気持ちを元気の出る標語にしてみませんか? がんばろう町校標語の応募は17日(火)までです。応募したい人は、17日の臨時登校日に持ってきてください。

 がんばろう!日本 がんばろう!町校!

重要 1〜5年生及び保護者の皆様へ

【1〜5年生及び保護者の皆様へ】
 長岡市教育委員会から、必要に応じて感染防止等に十分配慮したうえで、児童が学校に来る日を設定してもよいという通知がありました。それを受けて、下記のように臨時登校日を設定させていただきます。よろしくお願いいたします。

〇3月17日(火) 8:20〜9:20
 主な内容  ・配付物渡し、私物や作品の持ち帰り
・ブロック子ども会(新年度の登校班にかかわる準備)

〇3月25日(水) 8:20〜9:20
 内容  ・通知表渡し、新年度当初にかかわる配付物渡し、私物や作品の持ち帰り
・転退職職員のお話(VTR視聴)

【注意事項】
・参加はあくまでも任意です。授業日ではないため,登校しなくても欠席扱いになりません。
・集団登校にあたっては、地域委員や保護者の皆様からのご協力をいただくことになっています。集団下校については職員が随行します。
・健康状態をよく観察してください。体温が37度以上ある場合、風邪症状(せき・発熱等)がある場合は参加できません。登校できない場合は,学校まで連絡をしてください。
・必ずマスクを着用し、登校したら玄関にある消毒液で手洗いしてください。
・作品を持ち帰る袋を持ってきてください。
・当初の計画では、3月23日(月)に保護者の方から通知表を取りに来校していただく予定でしたが必要はありません。登校日にお子さんが来られない場合には、学校まで連絡をしてください。
・3月24日(火)の卒業式には参加できません。
・変更が生じた場合は改めて連絡をいたします。

画像1 画像1

重要 6年生及び保護者の皆様へ

【6年生及び保護者の皆様へ】
 長岡市教育委員会から、必要に応じて感染防止等に十分配慮したうえで、児童が学校に来る日を設定してもよいという通知がありました。それを受けて、下記のように臨時登校日を設定させていただきます。よろしくお願いいたします。

〇3月17日(火) 13:15〜14:45
 内容  ・通知表渡し、配付物渡し、私物の持ち帰り、卒業式練習

〇3月25日(水) 8:20〜9:20
 内容  ・春休みの過ごし方、中学校生活に向けての指導、転退職職員のお話(VTR視聴)

【注意事項】
・参加はあくまでも任意です。授業日ではないため,登校しなくても欠席扱いになりません。
・健康状態をよく観察してください。体温が37度以上ある場合、風邪症状(せき・発熱等)がある場合は参加できません。登校できない場合は,学校まで連絡をお願いします。
・必ずマスクを着用し、登校したら玄関にある消毒液で手洗いしてください。
・私物を持ち帰る袋を持ってきてください。
・当初の計画では、3月23日(月)に保護者の方から通知表を取りに来校していただく予定でしたが必要はありません。登校日にお子さんが来られない場合には、学校まで連絡をお願いします。
・卒業式は3月24日(火)に実施します。卒業生及び保護者・職員のみで行います。詳しい日程は、お便りをご確認ください。
・変更が生じた場合は改めて連絡をいたします。


画像1 画像1

重要 卒業証書授与式の実施について

 長岡市教育委員会の通知を受け、卒業証書授与式を下記のとおり3月24日(火)に実施します。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列者や内容の変更がありますが、卒業生にとって大きな節目となる日にしたいと考えております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたしします。

1 日時   令和2年3月24日(火) 9:30〜10:20

2 会場   表町小学校体育館

3 参加者  卒業生及び保護者、学校教職員
       ※在校生と来賓は参加しません。

4 日程  
    〇受付 9:10〜9:20(児童玄関内)
    ※9:10以前の受付はできません。
    ※保護者の控室はありません。受付後は体育館に移動して
     いただきます。
    〇式次第  お便りをご覧ください。
    〇卒業記念撮影
    〇下校完了 10:40 

5 注意事項
・卒業生及び保護者ともに、当日の朝に検温し、37度以上の発熱があった場合は参加できません。風邪症状(咳、体のだるさ等)がある場合も参加できません。参加できなかった児童は、後日学校で証書授与を行います。
・卒業生、保護者、共にマスクを用意してください。
・会場に入る前に、アルコール消毒(設置あり)をお願いします。


画像1 画像1

今こそ、町校魂で!3

画像1 画像1
 臨時休校に伴って、昨日は電話による家庭訪問(2回目)を実施しました。担任との会話もはずみ、皆、無事に生活している様子が伝わってきました。何よりです。 

 さて、今日は3.11です。死者・行方不明者18,000人を超えるあの東日本大震災から9年目となりました。昨年のこの日は、午後2時46分に全校で黙祷を行い、あらためて今の生活に感謝し、命の大切さ、世の中の安全と幸せを考えて生きることの大切さをみんなで確認しました。

 今年、新型コロナウィルス感染拡大という国難に、私たちは向き合っています。人間は、自然界では本当に弱い生き物だと思い知らされることも多々ありますが、パスカルの名言「人間は考える葦である」のように、一人一人は弱くとも、考えることができます。判断することができます。喜怒哀楽、喜びも悲しみも共に分かち合うことができます。知恵を出し合い、支え・支えられながら困難や試練を克服していくことができます。

 さあ、町校児童のみなさん。本格的な春が刻々と近付いています。今、すべきことは「健康的な生活習慣を保つこと」です。早寝早起きで十分睡眠をとり、勉強したり、体を動かしたり、好きなことに取り組んだり・・・健康的な一日一日を過ごしていきましょう。

 「早起きは三文の徳(得)」と言われますが、体を動かすことも大事にしてください。ぞうきんがけやお風呂掃除で、関節の可動範囲を大きくしたり、縄跳び、お風呂上がりのストレッチ、背すじと両腕をまっすぐ伸ばして両手を素早くグーパーで100回行うなどなど、ちょっとした工夫次第で体を動かすことができます。

 「・・・しなさい!」と言われるのはなるべく避けたいと思っている人が多いと思います。学校から出された課題をこなすことも大事ですが、自分がやる、自分からやると決めた課題をやり遂げるチャンスでもあります。
 
 知恵がつまった書物の力は計り知れません。1ページめくるごとに知恵と出会い、現在や将来に生かせる部分をしっかり感じ取ったり、読み取ったりすることが成長するもとになると思います。今のチャンスを生かして、良書に親しむ時間を積み重ねられたらいいですね。

 そして、4月からの生活に備え、あとかたづけを行うチャンスでもあります。あとかたづけは次への備えであり始まりを意味します。部屋や学習用具の整理整頓で、気持ちを整えることも大切にしましょう。

 毎日、限られた時間を工夫して上手に使うことの楽しさ、面白さを味わってください。がんばろう!町校標語(こちら)もできたらチャレンジしてみてください。少しずつ応募があります。

 ご家族の皆様、何かとご苦労もあろうかと思いますが、お子様がまた一歩、自立するチャンスでもあります。目配り、気配りをよろしくお願いいたします。
 なお、学習支援コンテンツポータルサイト(通称「子供の学び応援サイト」)(こちら)やラインズ「e ライブラリ アドバンス 」(こちら)も参考にしていただければと思います。

今こそ、町校魂で!2

画像1 画像1
 今日は臨時休校から5日目です。計画通り、3月4日(水)には、電話で子どもたちの様子を確認しましたが、今日は、学年だより、学校からのおたより、学習済みのプリントや追加の課題等、職員が配付物を各家庭に届けました。

 職員も元気をもって向かいました。兄弟姉妹が協力して留守番していたり、職員が来るのを待っていたりと、皆、元気な様子だったようです。何よりでした。
  
この臨時休校、期間は夏休みのようですが、大きな違いは、不要不急の外出を避けること、うがいや手洗い、換気などを徹底するという点です。

 全ては、この先のためです。引き続き、この試練もご家族で協力して前向きに向き合っていただきたいと思います。

 子どもたちがいない寂しさを受け止めつつ、職員も先を見据え、前を向いて、業務に励んでいます。

 今週末も、事故なく、けがなく、病気なくと祈っています。がんばろう!町校

学習支援コンテンツポータルサイト(通称「子供の学び応援サイト」)開設のお知らせ

 文部科学省が、新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業期間中の児童生徒の学習の支援方策の一つとして、児童生徒及び保護者等が自宅等で活用できる教材や動画等を紹介する「臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(通称「子供の学び応援サイト」)を開設しましたので、お知らせします。

 表町小学校ホームページの「リンク」をクリックしていただければご覧いただけます。こちらからもご覧いただけます。(https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushi...

今こそ、町校魂で!

 本日は当初より予定しておりました学年保護者会、それに先立って実施した臨時休校措置に関わる全体説明会にお集まりいただきありがとうございました。

 全体会でもお伝えしたように、全校児童には5時間目に全体指導を行いました。

 児童の健康、安全の確保が最優先の休校措置の意味をふまえ、ご家族で家庭での過ごし方について確認くださいますようよろしくお願いいたします。

 学年保護者会でもご理解をいただきありがとうございました。お寄せいただいたご意見やご質問等に関わる連絡については適時、お伝えいたします。今後も、不明な点があれば学校へお知らせください。

 今こそ、町校魂を! 困難な状況もある中ですが、4月からの中学校進学や進級がいい形で迎えられるよう、事故なく、けがなく、病気なく、今、すべきことに集中し、前向きに過ごしてほしいと願います。

 本日、配付した休校措置に関わる文書は こちらから ご覧いただけます。

みんなでつくり上げた移杖式〜5年生

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 18日、鼓笛隊移杖式を行いました。
 あおぞら学年の子どもたちは、12月から練習を始め、この日に向けて練習を積み重ねてきました。
 移杖式を迎えるまでに、子どもたちはたくさんの壁にぶつかり、それを乗り越えてきました。鼓笛のオーディションでは数人の子どもたちが不合格になり、再オーディションを受けました。オーディションに合格できなかった仲間に対して、「今度は絶対大丈夫だよ」と励まし合う姿がありました。

 また、移杖式の全体練習に参加するための6年生チェック・先生チェックになかなか合格できないこともありました。同じパートの中で、合格した子どもが合格していない仲間と一緒に練習し、アドバイスする姿も見られました。

 体育館での初めての全体練習では、演奏も行進もバラバラで最後まで演奏することができませんでした。すると5年生の主指揮、副指揮の子どもたちは、自分たちが間違えることで他の鼓笛隊や4年生に迷惑がかかることを感じ、ビデオで動きを確認しながら打合せと練習を繰り返しました。他の子どもたちも同様に動きのタイミングを揃えようと練習する姿が見られました。
 何度となく壁にぶつかる中で互いに励まし合い、支え合う姿が生まれてきました。そこには6年生からの「鼓笛はみんなでつくり上げていくものだから」という言葉が心に響いていたのだと思います。
つづきを読む

鼓笛隊移杖式を終えて〜6年生

 18日に鼓笛隊移杖式を行いました。
 この日のために、2か月間練習してきました。子どもの心の中には、「受け継いだ伝統を伝えなくてはいけない」という思いが大きかったようです。
 5年生からの願いに応じて、昼休み以外も練習を見ている様子もありました。5年生の熱意に応えようと、細かいところをよく見てアドバイスをしたり、声がかれるほど大きな声で校歌を歌ったりする姿もありました。
 きっと、5年生もそんなフェニックス学年の思いを感じてくれていたのではないかと思います。
 
 1年間演奏してきた楽器を手放すのは、少しさみしさも感じていたようですが、晴れ晴れとした表情が印象的でした。鼓笛隊とともに、表町小学校を引っ張っていくリーダーとしての心も、5年生に引き継がれていくことでしょう。
 フェニックス学年のみんなには、「お疲れ様」と「ありがとう」の言葉を送りたいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

自分で考え判断すること〜5年生

 6日、来年度入学予定の子どもたちとあおぞら学年の子どもたちで交流会を行いました。
 この日は一日体験入学があり、来年度の町校のリーダーとなる、あおぞら学年の子どもたちが一緒に交流することになりました。交流会で来年度の一年生にどんな気持ちになってほしいか5年生に問い掛けました。「4月から学校に来るのが楽しみになってほしい。」「表町小学校を好きになってほしい。」などの意見が挙げられました。
 そして、そんな気持ちになってもらうために、交流会でどんなことをするか、学級で話し合い準備を進めてきました。

 交流会当日、あおぞら学年の子どもたちは「体育館まで一緒に行こうね」と優しく声を掛けながら、小さな手を引いていきました。体育館では、自分たちで企画したごっこ遊びやゲーム、体験コーナーなどで交流を深めました。
 始めに鬼ごっこ遊びの担当チームが子どもたちの前でルールの説明をしていると、二人の5年生が駆け寄って来て「先生、今のうちに鬼の人が使うビブスを用意したほうがいいですよね。」と声を掛けてきました。自分の遊びの担当ではないのですが、交流会の進行がスムーズにいくために自ら気づき、考え、実行する姿でした。その後の交流活動でも、自分の役割が決まっていない5年生の子どもたちが全体のためにできることがないか自分で考え、判断して、仲間を手伝ったり、小さな子どもたちに声を掛けたりする姿が見られました。

 18日には、立派に鼓笛隊移杖式をやり遂げました。
 6年生から、鼓笛隊も引き継いだ今、5年生として過ごすのもあと少しです。様々な場面において、自分で考え、判断できた姿を認めながら、来年度の町校のリーダーとしての自覚が高められるように過ごしていきたいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2

モーガン先生とEnjoy English!〜1年生

画像1 画像1
 6日、ALTのモーガン先生と一緒に英語の活動をしました。
 いつものように「Hello song」を歌って活動を始めました。モーガン先生はこの日が初対面だったので、クイズで自己紹介をしてもらい、カナダ出身ということでカナダの有名なものなども教えてもらいました。
 その後は、フルーツをテーマに活動しました。ふたつのショップを設定し、好きなフルーツを買いに来て、お気に入りのフルーツパフェを作りました。「Banana, please.」「Thank you.」とやり取りして、好きなフルーツをもらうことができました。
 授業後も廊下などでモーガン先生を見かけると、「Hello!」や「Bye!」と自分から積極的に声を掛け、英語でのやり取りを楽しんでいました。

低学年スキー教室を行っています

 今日は、六日町八海山スキー場で低学年のスキー教室を実施しています。
 1・2年生は今年度初めてのスキー教室。
 天候にも恵まれスキーを楽しんでいます。
 お昼は、スキー場のカレーをいただき、ますます元気いっぱい!
 
 小雪のため、低学年は1回のみのスキー教室となりました。貴重な機会を大切に、冬の楽しさを味わってほしいと思います。
画像1 画像1

みんなでかかわって学ぶ〜3年生

画像1 画像1
画像2 画像2
 2月半ばになりました。表町小学校では明日、鼓笛隊移杖式が行われ、6年生から5年生へとバトンが一つ引き継がれます。
 今年度の活動をまとめ、来年度への橋渡しが始まる時期になりました。あとひと月あまりでスマイル学年も4年生に進級します。

 子どもたちは、「4年生になったらリリックホール公演があるから楽しみだ」、「あこがれだった鼓笛に参加できる」と、前向きな展望をもっています。
 しかし、それらを本当の意味で成功させるには、相応の力を身に付ける必要があります。だから、自分の成長させるために努力してほしい、そして、自分の成長を感じてほしいと願っています。
 最近は「学年が変わると教室やすることは変わるけど、人の中身が急に変わることはないよ。」「4月と比べてすごく成長しているよ。3.85年生になったね。」と子どもたちに話しています。

 実際に学校生活の中で、スマイル学年が着実に成長してきた姿が見られます。今週から算数で「重さ」の学習を始めました。重さの単位(グラム、キログラム、トン)と、はかりの使い方、重さの計算の仕方を学習します。子どもたちは生活の様々な場面で「重さ」に触れているので、知っている重さの単位を聞くと、学習する三つの単位があっという間に挙がりました。その後も長さの単位(メートル)やかさの単位(リットル)まで広がっていきました。「平方メートル」「ヘクトパスカル」といった面積や気圧の単位を知っている子もいました。単位を知っている子は自分の知っていることを話そうと生き生きとしていますし、聞いている子も「それ知ってる!」「なるほどね。」などとつぶやいたりうなずいたりしています。
 また、理科室で上皿てんびんを使って学習したときには、グループで消しゴムの重さグランプリをしたり、1円玉10枚の重さを分銅を使って図ったりする場面で、しきりに言葉を交わしながら問題解決しようとしていました。そして、簡単にはあきらめません。解決するまで何度も方法を変えてチャレンジしていました。自分の意見をしっかりと話したり、友達の意見を真剣に聞いたりしながら、協力して学習していました。

 スマイル学年の子どもたちは、仲間とかかわって学ぶことが好きです。知っていることを出し合って共有したり、アイディアを出し合ってよりよい考えを求めたり、試行錯誤しながら共通の課題を解決しようとすることができます。
 そんな姿に1年の成長を感じます。

いよいよ明日は鼓笛隊移杖式〜6年生

 いよいよ「鼓笛隊移杖式」が、明日に迫りました。
 これまで、休み時間も使いながら、熱心に4・5年生に楽器・演奏の仕方の指導を行ってきました。なかなか指導が思うようにいかずに悩んでいる様子もありましたが、自分たちがやるべきことはすべてやりきったという感じです。4・5年生の演奏も、めきめきと上達してきています。

 子どもたちの様子を見ると、練習後、4・5年生のチェックカードによいところや課題を丁寧に書き込む姿、指揮や他の楽器の役になって楽器間の全体練習を行う姿など・・・伝統を引き継ぐためにできることを精一杯しようとする気持ちが行動を通して伝わってきました。本当によくがんばってくれました。

 鼓笛隊引退まで、あとわずか。移杖式でのフェニックス学年の最後の演奏、これまでの指導の成果をぜひ見に来てください。
 鼓笛隊移杖式は、18日(火)8時25分より、体育館で行います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

当たり前のこと〜3年生

 「当たり前のことが当たり前にできる人になれ」と子どもの頃によく言われました。その頃は意味がよく分かりませんでしたが、今考えると「人として望ましい行いを自然にできる人になってほしい」という願いが込められた言葉だったのだと思います。
 しかし、「当たり前」はけっこうくせ者です。なぜかというと「当たり前のこと」は環境や集団、個人によって変わるからです。そして、「よい当たり前」と「悪い当たり前」が存在するからです。

 3年生の学校生活では、「よい当たり前」がたくさん増えてきています。一番感心しているのは、片付けです。例えば、図工の版画制作の片付けです。たくさんの新聞紙を片付けたり、版画インクの後始末をしたり、床の清掃をしたりしなければならず、けっこう大変です。最近はそれらの作業を5分程度で協力して行うことができます。
 先日は、「君たちの後片付けは、6年生レベルだね!」と褒めました。実際のところ、片付けを牽引しているのは数人なのですが、その働く姿に影響を受けて学級全体が「片付けはきちんとするのが当たり前」という意識をもち、行動するようになってきたのです。

 一方で、「悪い当たり前」も存在します。例えば、活動開始時刻を守らないことです。1月のある日は、通常日程であるのに5時間目の開始時刻に学級全員が間に合いませんでした。知らず知らずのうちに「5時間目の開始時刻は多少過ぎるのが当たり前」という考え方が子どもたちの中に広まっていたのです。
 そこで、どうすれば活動開始時刻を守れるのかをみんなで考えました。「着替えが間に合わなかったら、後で着替えればいい」「無駄話をせずに、すぐに準備すればいい」など、いくつかの意見が出ました。その後、簡単には改善しませんでしたが、少しずつ時間を守る意識が広まりつつあります。

 「当たり前」が身に付くのには時間がかかりますし、一度身に付いた「当たり前」は簡単には無くならない、変えられないと実感しています。だからこそ今のうちに根気強く、繰り返し繰り返し「よい当たり前」を増やし、「悪い当たり前」を改善する取組を続けているところです。
 スマイル学年が3年生として登校するのは、残すところ29日です。「『みんなえがお』が当たり前」になるように、子どもたちと一緒に過ごしていきます。

画像1 画像1
画像2 画像2

税金って大切だね!〜6年生

 1月30日に、租税教室を行いました。
 税務署の方に来ていただき、税について教えてもらういました。社会の時間にも税金について学習しているところですので、子どもの関心も高かったようです。
 
 最初に、1億円のレプリカを持たせてもらいました。「意外に重い!」「生きているうちに持つことができるのかな」と楽しんでいる様子がありました。
 次に、消費税や所得税など約50種類の税金があることや、みんなが生活しやすくするために、どのような方法で税金を納めるのがいいか考えていきました。サッカークラブを作る際、どのようにするかという例を出しながら考えていったので、子どもたちは身近な題材で興味をもっていました。
 また、アニメで税金がなくなった世界を見ました。
 道路が私有地になったり、公園がなくなってしまったりする場面では、驚きの声が上がっていました。
 そして、もし、税金がなかったら学校で授業を受けることに月8万円払うことや、火事になったら消防車を呼んで消火するのに約5000万円を払わなければいけないということを聞いて、「そうなんだ。」「税金は大切なんだね。」と感じていたようです。

 授業の初めには、消費税を納めることは嫌だなとか、仕方ないから納めているという子がほとんどでしたが、税金を納めることで生活しやすくなるということを学び、最後にはほぼ全員が、税金をきちんと納めるということを選択し、手を挙げていました。

画像1 画像1
画像2 画像2

自分で考え判断すること〜5年生

 いよいよ鼓笛隊移杖式の日が迫ってきました。
 先週から体育館で6年生や4年生と実際の動きを確認しながら練習を行っています。移杖式の練習では、これまでの鼓笛練習と同様に鼓笛隊の主指揮が練習内容を考え練習を進行していきます。職員は一緒に練習の様子を見守りますが、明らかに違っている部分を指摘することにとどめています。子どもたちの気付きや判断して行動することを促すためです。

 一回目の全体練習では6年生の主指揮が指示を出し練習を行いました。あおぞら学年の子どもたちは、主指揮の指揮だけでは、うまく行動することができず、自分たちが細かいところまで考えて行動したり、演奏したりする準備ができていなかったことに気が付きました。
 すると自主学習で、前日の鼓笛全体練習を振り返り、自分の課題は何か、次の練習で改善するところはどこか文字に起こし、実行しようとノートに書いてきた5年生がいました。
 海の学校に向けて、毎時間の練習の振り返りをしていたことを鼓笛隊移杖式にも生かしていこうとする素晴らしい姿だと感じました。
 大切なのは自分でよく考え、判断すること、教師から指示されるのを待つのではなく、自ら行動することです。これは、海の学校やその練習を通して、子どもたちが身に付けてきたことですが、鼓笛隊移杖式の場面でも同様につなげて考え行動してほしいと考えています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

皆で鼓笛をしよう〜4年生

画像1 画像1
画像2 画像2
 4日から,鼓笛隊移杖式に向けた全体練習が始まりました。全体練習は,6年生チェックや先生チェックを合格してから,鼓笛隊の一員として参加することができます。子どもたちは,休み時間やみゆきの時間に6年生チェックの合格を目指して,一生懸命練習に取り組んできました。

 6年生チェックでは,リコーダー演奏と所作を6年生の前で行い合否が決定します。
 合計6つのチェックに合格しないといけないので,なかなか大変です。チェックの際,6年生が「ここまでできれば,表町小学校の鼓笛を任せられる」という判断をしたときに合格できますし,「まだまだ任せられない」と判断すれば不合格となり,再チェックとなります。
 合格を出せば4年生は嬉しそうですし,不合格を出せば悲しそうな表情になります。ですので,不合格を出すことはパートナーの6年生にとっても辛いものです。しかし,6年生は安易に合格を出すことはしません。
 それは「表町小学校の鼓笛を大切にしてもらいたい」という思いと,「自分たちもそうしてもらってきたから」という経験があるからです。こうした合否を出す姿勢には「表町小学校の高学年として頑張ってね」という期待が含まれているのです。


つづきを読む

タグラグビーにチャレンジ!〜2年生

画像1 画像1
 体育のボール運動で、タグラグビーにチャレンジ!
 タグラグビーでは身体接触は反則で、選手についているタグを取ることで相手の進行を止め、後ろへのパスからリスタートします。
 初めのうちはついつい前にボールを出してしまうスローフォワードをしてしまう場面も多くみられました。ルールに慣れ、声を掛け合って、仲間と協力しながら、体育館狭しと走り回りました。
 ワンチームという合言葉で日本中が興奮した、ラグビーワールドカップを知っている子も多く、楽しみました。スキーと同じく、様々なスポーツに親しんでほしいと思います。
画像2 画像2
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/16 下校指導
3/17 卒業式練習2
3/18 6限放課 学年会計監査
3/19 給食最終日、給食後放課 式場準備1
3/20 春分の日