どんな困難にも負けずに、最後の成功を目指して自己のベストを尽くす町校の伝統精神

いよいよMSFです!

 前庭のつつじが満開です。
 さわやかな陽光の中、赤いつつじも白いつつじもきれいに咲き誇っています。

 グラウンドでも赤組白組、どちらの子どもたちも真剣にMSFの練習に励んでいます。仲間を応援する声にも一層、熱が入ってきました。
 毎日の鼓笛練習にも集中して取り組んでいます。日に日に上達しているのが目に見えてわかります。暑さに負けず、自信をもって演奏する姿が輝いています。
 
 いよいよ19日(日)は、MSF本番です。
 競技に応援、鼓笛やダンス、そして係の仕事まで、子どもたちが精一杯がんばる姿が今から楽しみです!!

 MSFプログラムはこちらからご覧いただけます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

MSFに向けてがんばっています!〜3年生

 MSFが近づいてきました。先週の体育では、3・4年生全員リレーの練習と、お助け綱引きの練習をしました。学校全体では、全校応援練習やMSF全体練習、町校班種目練習を行いました。入退場や整列、競技の進行の仕方など、覚えることはたくさんあるのですが、少ない練習時間でもすぐにできるようになっていました。それだけ集中して練習しているということだと思います。

 3年生の動きを見ていると、成長を感じるところがたくさんあります。集合や整列は、4月当初に比べてずいぶん早くできるようになってきました。自分だけでなく、お互いに優しく声を掛け合う様子も見られます。
 また、練習が終わったあとに「今日はバトンパスがうまくいかなかったから、休み時間に練習しよう。」と自主的に振り返りをして、改善しようとする子もいます。
 一つの行事を通して、たくさんの力が育ちつつあります。がんばりを認めながら、充実した行事にしていきたいと思います。
画像1 画像1

はじめての学習参観〜1年生

 4月26日(金)は、1年生にとって初めての参観日でした。
 子どもたちは給食前から「うきうき」「どきどき」。おうちの方々の顔を見ると、
 「来るのが遅いよ〜」
 「ここが私の席だよ」
と嬉しそうに話し掛けていました。

 そんな子どもたちも授業開始の挨拶をすると、学校モードにスイッチオン。国語の学習を始めました。元気よく音読する様子や丁寧に自分の名前を書いて名刺を作っている姿、たくさんの友達に声を掛けて自己紹介し合っている姿を見ていただくことができました。
 勇気を出しておうちの人にも声を掛けて名刺交換する姿もありました。新しいことに挑戦することが大好きな子どもたちです。これからも子どもたちの学習へ向かう意欲を大切にしながら様々な活動に取り組んでいきます。
画像1 画像1
画像2 画像2

相手の表現を「聴く」〜4年生

画像1 画像1
画像2 画像2
 4月26日(金)は今年度初めての学習参観でした。
 1時間の音楽の学習に,「リズム遊び」や「歌唱」「リコーダー演奏」など,様々な活動を連続して取り入れました。その中でも,重視していたことは,仲間や教師の表現を「聴く」ということです。

 例えば「リズム遊び」では,仲間や教師が即興的に表現したリズムを模倣して表現する場面がありました。模倣するには相手の表現を「聴く」という行為がなければ成り立ちません。「聴く」には,自分の動きを止め,仲間の動きを見て,リズムに耳をそばだて,理解し受け入れる過程があります。その上で,模倣という行為が生まれます。
 「隣の人と話をしながら」や「上の空」や「遊びながら」では「聴く」ことはできません。授業では教師が指示を極力出さずに,子どもが音楽を感じ取り模倣する姿がありました。
 
 また「歌唱」や「リコーダー」では,皆の前で仲間が一人で歌ったり演奏したりする発表形式での場面がありました。
 発表者が一人なので子どものほとんどは「聴く」立場にあったわけですが,ここでは仲間の表現を好意的に受け入れ,拍手で称賛する「聴く」という姿勢を大切にしてきました。聴き手が好意的に音楽を受け入れることで,演者は安心して表現することができます。仲間の表現を拍手で称賛したり,労いの言葉を掛けたりする様子を見ることができました。

 今回は音楽の学習における「聴く」を抽出した授業でしたが、「聴く」は音楽以外の場面でも大切になります。「聴く」行為からは「相手の伝えたいことは何であろうか」「仲間はどんな気持ちなのか」「仲間は何を考えているのか」など,他者に関心をもち,おもんばかる姿勢が表れてきます。今後も,子どもが相手の表現を「聴く」ことができるように様々な場面を設定していきます。

8時18分〜6年生

 10連休の後、MSFに向けた怒涛の準備を進めています。
 今年度のMSFスローガンは、「もえあがれ町校魂 勝利の旗をその手につかめ!」に決定しました。

 さて、鼓笛隊の練習が1時間目に入っていた日の朝のことです。日直の子どもが、「朝の会を始めていいですか?」と聞いてきました。見ると、全員の朝の準備が終わっています。時刻は、8時18分。まだ始業のチャイムも鳴っていません。子どもたちの意欲が見えた瞬間でした。

 もちろん、鼓笛隊だけではありません。昼休みに行われた選抜リレー練習では、1年生の手を引き集合場所へ案内したり、バトンパスをうまくするために同じチームのメンバーに「大丈夫!上手だよ。その調子!」と声を掛けたりする姿もありました。
 表町小学校のリーダーとしてがんばりたい、最後のMSFを成功させたいという強い思いを感じています。

画像1 画像1

「きらめき村」の活動を楽しんでいます〜2年生

 生活科「きらめき村」の活動では、参観日前に風で壊れてしまったきらめきハウスを修復しました。
 コーヒーの沼やきらめきテントの拡張、畑ゾーンの草取りなど、その日に自分がしたいことを思い思いに楽しみながら、自然に試行錯誤や工夫、協力する経験を重ねています。「ハウスにいすや机を作りたい」、「ハウスをかざって豪華にしたい」、「遊び場ゾーンにシーソーを作りたい」など、思いや願いを持って、創造的な活動を重ねる予定です。

 今日、自分が何をしたいかを教室で全員が発表し、板や棒の使い道、テントをどんな大きさにするかなどを相談したり、したことやこれからしたいことを作文に定期的に書いたりしながら、表現したり話し合ったりする力を高めていきます。

 MSFに向けての練習も本格化しています。玉入れ合戦では、玉を取りに懸命に走り、相手の陣地にあるかごやたらい目がけて玉を投げて、得点を競います。2年生は、トラックを半周してから1年生を助けに全力疾走します。全員リレーや選抜リレーの練習でも、バトンを落とさないように全力で走れるよう、練習を重ねています。当日の子どもたちの活躍にぜひ大きな声援をお願いします。

画像1 画像1
画像2 画像2

町校班の仲間入り【1年生を迎える会】〜1年生

 25日(木)に「1年生を迎える会」を行いました。
 全校のみんなに大きな拍手で迎えられ1年生が入場しました。緊張感いっぱいだった入学式とは違い、楽しそうな表情で全校の間を入場していきました。
 
 迎える会では、5・6年生を中心に全校が役割分担をして準備をしてくれました。体育館の飾りつけやレクリエーションの企画、プレゼントのメッセージなど、1年生の知らない間にたくさんの準備がされていました。1年生は同じ町校班のお兄さん、お姉さんと一緒に楽しい時を過ごすことができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

はりきってがんばっています〜3年生

画像1 画像1
画像2 画像2
 3年生も徐々に学校生活のペースができてきました。
 先週は、年度初めの活動にはりきって取り組みながら、自分や学級をどのように高めていくかをたくさん考えました。

 15日(月)の朝学習には、1年生と一緒に体育館でダンスをしました。5月のMSFでおどる「R・Y・U・S・E・I」のダンスを教えるためです。みんなで元気にダンスを踊った後、3年生だけで振り返りをしました。その中で、「自分たちがしっかりダンスを覚えていないところがあるから、練習してもう一度教えたい。」という意見が挙がりました。それを聞いて、多くの子がうなずいていました。小学校の先輩として、自分を高めながら1年生を導こうという意識がすばらしいと感じました。

 16日(火)の朝会には、JRC登録式と学習会をしました。
 講師の中村陽子さんから、「道徳心と行動力が大切だ」という話を聞いた子どもたちは、すぐに「気付き・考え・実行する」という言葉を思い出していました。
 朝会後に教室に戻った子どもたちは、以前よりも周囲の様子に気を配るようになったように感じました。
つづきを読む

一瞬一瞬が成長のチャンスです〜4年生

 レインボー学年では,週末の宿題で「一週間の振り返り」を出しています。「一週間でよかったこと」と「これから頑張ること」を一人一人がノートに記述しています。振り返りの一部を紹介します。


【よかったこと】
・ 授業がおもしろくなったことです。国語の授業で文を読むのが楽しくなりました。
・ 宿題を毎日忘れずに持って行くことができたので,これからもがんばりたいと思います。
・ やりたかった図書係になったので,ちゃんと図書係の仕事を忘れないようにしたいです。

【がんばること】
・ 帰りの準備を早くすることです。着替えも速くしたいです。あと,ノートを書く速さも速くしたいです。あいさつも大きな声でしたいです。
・ 宿題をする時間がいつも遅い時間になってしまうので,もう少し早い時間にやりたいです。
・ 今週は忘れ物をしてしまったので,時間割をしっかりと見て,来週は一度も忘れものをしないようにしたいです。

 子どもたちの振り返りから「よかったこと(成果)」と「頑張ること(課題)」を一人一人が感じていることが分かります。トラブルや問題は起こるものですが、大切なことは,トラブルや問題を「何となくよくなった」と流さずに,「次からどのように行動するのか」と考え,成長の瞬間にしていくことだと考えています。
 
 4月5日(金)に出会ってから3週間。この短い期間でもレインボーの子どもたちは確実に成長しています!

画像1 画像1
画像2 画像2

MSFに向けて〜5年生

 先週は、どんな5年生になりたいか話合いを行いました。
 学級の良いところ、改善すべきところを全員で確認した後に、1年後の理想の学級の姿を思い浮かべながらキーワードを考えました。学級全員で協力し合うことや支え合うこと、そして「一致団結」という言葉が出てきました。
 子供たちの日頃の様子からは高学年として、低学年や中学年の手本となる姿を見せたいという思いが強いことを感じました。一人一人がよくできている姿を認めながら、共に成長していきたいと考えています。

 また、先週から町校の運動会であるみゆきスポーツフェスティバル(MSF)についての取組もスタートしました。
 町校班種目である大縄跳びについて、初めての運動会になる1年生と一緒に練習をすることにしました。子供たちは1年生の跳ぶ様子を見ながら
 「真ん中で跳ぶといいよ。」
 「同じ場所で跳ぶと長く跳べるよ。」
 「目線は下じゃなくて前を見るといいよ。」
など、たくさんのアドバイスを掛けていました。また、自信がなく戸惑っている1年生には手を握りながら
 「大丈夫だよ」
と優しく励ます様子も見られました。高学年として理想の姿に近付きたいと行動する姿が早速見られ嬉しく思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2

2年生として1年生にやさしくできました〜2年生

 入学したばかりの1年生が学校探検を行いました。お兄さん、お姉さんになった2年生は、やさしく手をつないで、学校を案内することができました。手を引いてもらう1年生はとっても嬉しそう。そして、案内する2年生の笑顔も輝いていました。
 
 また、16日のJRC登録式では、誓いの言葉やめあて発表、署名を、立候補したメンバーが2年生を代表して堂々とやりました。気付き、考え、実行していけるよう、声を掛けていきたいと思います。

 体育ではMSFに向けた練習を頑張っています。
 今年はリングバトンから棒のバトンでリレーを練習しています。玉入れも、ルールを考えながら盛り上がるものを子どもたちとともに考えています。当日をお楽しみにしてください。
 
 図工では、絵の具を使って模様づくりをしました。絵の具を塗って画用紙を折って押し付けたり、ストローで吹いたり、ブラシに付けた絵の具を網でこすって吹き付けたり、シャボン玉にして落としたりと、偶然にできた様々な模様を楽しみました。
 自然と、「チョウチョみたい!」、「見て、顔ができたよ」、「花火みたいだ」と、模様を見立ててたくさんの言葉が出てきていました。模様をもとに話を考えたり、さらに絵を描き加えて作品にしたりしながら、造形表現を楽しみたいと考えています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

MSF応援練習&プール清掃

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今朝のみゆき児童朝会は、5月19日(日)に実施予定のMSF(みゆきスポーツフェスティバル)に向けて、第1回応援練習が行われました。
 初めて経験する1年生も、適応力を発揮して元気に声を出していました。紅組も白組も、今日より次回、次回よりその次と、進化を遂げていくことと思います。

 9時過ぎからは、5,6年生がプール清掃を頑張りました。5月22日(水)にプール開きを予定しています。5年生は、7月23日(火)〜24日(水)に「海の学校」があります。
 海の学校を昨年経験した6年生が、思いをこめて黙々と清掃に取り組む姿、海の学校の成功に向けて第1歩を力強く踏む出した5年生の姿、両方が相まって無事清掃が完了しました。

 桜から新緑へ。いよいよ動の時期に入ります。高学年がプール清掃している時、グラウンドでは1年生も元気に活動していました。思いっきり体を動かして、心身共に大きく成長してほしいと願います。
 

ミラクル学年〜1年生

 保護者の皆様から提案していただいた1学年の愛称案を子どもたちに伝えて、どれがよいか話し合いました。
 どの案も魅力的でなかなか絞り込むことができませんでしたが、最終的には「クローバー」「ミラクル」「さくら」「つばさ」の四つの案に絞り込まれ、挙手による投票で「ミラクル学年」に決定しました。

 「ミラクル」には、「一人一人のこの出会いは奇跡!」や「皆で力を合わせて奇跡を起こせるような学年になってほしい」という思いが込められています。これからミラクル学年として、29名の力を合わせていろいろなことに挑戦していきます。
画像1 画像1

気付き・考え・実行する〜6年生

 委員会と係を同じにすることで、「学級をもっとよくしたい!」という気持ちと「表町小をもっとよくしたい!」の二つを関連させて活動することができます。
 子どもたちと一緒に、その方が活動しやすいということを確認して取り組み出しました。

 しかし、こんな出来事がありました。給食が終わっても、誰も歯磨きの音楽を流さない。1時15分になって一人の女の子が
 「給食当番の人、片付けに行こうよ。」
と呼び掛けても返事をしない。気付いている子がいても何も言わない・・・。
 そこで5時間目に、
 「このようなことがあったけれどみんなはどう考えているの?」
と尋ねました。すると
 「もっと周りのことを見て動かないといけない。」
 「普段やっていることをきちんとしようと思う。」
 「友達が何か呼び掛けたら反応をしたい。」
という答えが返ってきました。とても前向きな発言です。

 次の日からは、子どもたちの動きが変わりました。どの係が動くか曖昧な仕事に対して「気付き・考え・実行する」の精神で行動する子が増えたのです。この気持ちを常にもって最高学年として頑張る姿を期待したいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2

2年生と学校探検〜1年生

画像1 画像1
画像2 画像2
 1年生の子どもたちも少しずつ学校生活にも慣れてきました。
 行動範囲も広がり、学校の中でまだ行ったことのない場所がどうなっているのか気になり始めました。
 そこで、2年生にお願いをして校内を案内してもらうことにしました。2〜3人組に分かれて2年生と手をつないで出発!2年生は、
 「ここが図書室だよ」
 「ここは理科室。いろいろな実験の道具が置いてあるよ」
と、たくさんの教室のことを優しく教えてくれました。

 探検を終えた子どもたちは、
 「階段がたくさんあったよ」
 「早く図書室の本を読んでみたい」
と発見したことや自分の気持ちを語ってくれました。みんなで話をした後は、学校探検の中で、「わっ。こんなものがあるんだ」「わっ。こうなっていたのか」など、印象に残った場所のことを「今日の『わっ!』」と題して絵に描きました。案内してもらった教室の様子やそこでやってみたことなどを一人一人がそれぞれに表現することができました。

5年生として・・・〜5年生

 5年生スタートから10日が経ちました。
 先週は、5年生として初めての委員会活動がありました。5年生からは全校のために仕事をする立場になりました。あおぞら学年の子どもたちは、初めから気負うこともなく、新しく始まる活動に目を輝かせて参加していました。
 それぞれ所属する委員会のメンバーとして、すでにいろいろな場所で学校をよりよくするためにがんばる様子が見られています。希望どおりの委員会になった子も、ならなかった子もいますが、「町校をよりよい学校にするためにがんばる」という共通の目標に向かって前向きにスタートを切ることができました。これからの活躍がとても楽しみです。

 8日には、学級委員長、副委員長立候補者から5年生としてどんな学年にしたいか話をしてもらいました。
 「積極的に気付いて、考え行動できるようになりたい」
 「海の学校に向けて、チームワークを大切にしたい」
 「他の学年に頼られる学年になりたい」
など、それぞれに高学年としてこうなりたいという姿をイメージしていることを感じました。子供たちが目指す高学年像を具現化できるよう一歩一歩ともに歩みを進めていきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

難破船にならないように〜4年生

 新年度が始まり,10日が経ちました。日々のレインボーの子どもたちの様子から「町校本校舎のリーダー学年」として張り切っている様子が伝わってきます。
 
 先日,学級目標を決める話合いを行いました。話し合うにあたり,次のような話をしました。

【学級でも職場でも,人と人がチームを組んで生活する集まりを,「船」に例えることがあります。船は海原で航海をするのだけれども,行く先の灯台を見失うと,難破船になってしまいます。難破しないためには,目指す灯台がどうしても必要です。その灯台を,学級では「学級目標」と言うのだと思います。】

 その後、子どもたちは班に分かれ,頭を付き合わせながら,どんなレインボー学年の姿になりたいのかを話し合っていました。「暴力で解決しないようにしたい」や「だれとでも協力できる学級にしたい」「話を最後まで聞けるようにしたい」と,これまでのことを振り返りながら相談していました。
 
 個人にしても学級にしても目標は,今後の指針となります。指針があるからこそ成果や課題が明確になり,子どもたち一人一人や学級の成長が表れます。目標をただの掲示にするのではなく,自分たちが何を目指していくのか立ち返る灯台となるようにしていきます。


画像1 画像1
画像2 画像2

みんなが笑顔になる学級に〜3年生

 スマイル学年の33人が、3年生としてスタートして10日が経ちました。昨年度から人数が倍になった学級は、とても活気があります。
 先週はみんなで話し合いながら、学級の組織作りを中心に行ってきましたが、みんなのやる気を感じる場面がたくさんありました。

 表町小学校では、3年生以上で学期ごとに学級委員長1名と副学級委員長2名を決めています。スマイル学年は、初めて学級のリーダーを決めることになりました。
 「先生!学級委員って、何するんですか?」
とさっそく興味津々でした。担任が指名する方法もありますが、「話合いによって課題解決できる学級集団になってほしい」という願いから、簡単な選挙をすることにしました。立候補者にはみんなの前で「どんな学級にしたいか」を話してもらうことにしました。

 一体どれくらいの人数が立候補するかと思っていましたが、なんと14人が手を挙げました。演説を前に
 「仲のいい友達を選ぶのではなく、演説をよく聞いて、みんなが笑顔になる学級をつくってくれそうな人を選んでね。誰が選ばれても、全員で支えてあげてね。」
と子どもたちに伝えました。立候補した子どもたちは、
 「自分は、こんな学級にしたい」
と堂々と話すことができました。そして、聞く側も真剣な表情でしっかりと話を聞き、一人一人に大きな拍手をすることができました。
 とてもやる気のあるいい雰囲気の中、学級委員を決めることができました。
 新しい学級になって、みんなで決めた初めてのことです。みんなが笑顔になる学級を目指して、全員で力を合わせてがんばっていきます。

 係活動も決めました。「この係があったほうがいい」という係を全員が一つずつホワイトボードに書き、全部を採用しました。つまり、全員の意思が反映された係です。担当を決める際に調整がうまくいきませんでしたが、時間をかけて話し合って、みんなが納得して決めました。すでに張り切って活動しています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

大かつやくの1週間でした〜2年生

画像1 画像1
 先週、子どもたちと相談し、係を決めました。
 今年度は一人1係でやっていきます。さっそく、黒板を消したり、花に水をやったりと積極的な係活動が始まっています。また、どんなことをしたいか、どうなってほしいのかをキャッチコピーにして、協力しながら、係のポスターをつくりました。適宜、活動を振り返りながら、自分から活動する経験を積めるよう、声を掛けていきます。
 
 係活動以外でも、「チャレンジしてみる?」と投げかけると、たくさんの立候補があります。新潟日報の作文欄、JRC登録式のちかい・目あて発表など、たくさんの手が挙がりました。1年に1回は何かの機会に、みんなの前に出ようと声を掛けながら、成長につながげていきたいと思います。

最高学年として〜6年生

 6年生に進級し、1週間が経ちました。
 やる気満々のフェニックス学年の子どもたち。毎日、最高学年として、どうすればよいか、どうしたいかを考えて行動している様子が見られます。

 まず、5日には入学式の片付けがありました。20人ですべてを復元するのはとても大変でしたが「これ、持ちます」「私がやります!」と自分から声を掛け、周りを見て進んで仕事をする姿に6年生としての自覚を感じました。

 また、「ブロック子ども会」、第1回の委員会などもありました。どちらも6年生が中心となって行動しなくてはなりません。様子を見ていると、ブロック会長や委員長などリーダーになった子どもだけでなく、周りの友達と話し合い、確認し合って活動を進めていました。この姿にも、最高学年としてがんばろう!という思いが表れていました。

 さらに、1年生の朝の準備や給食のお手伝い、登校での優しい声掛けなど、1年生に接する機会もありました。丁寧に、優しく接する様子は「頼れるお兄さん・お姉さん」でした。これからも町校の頼れるリーダーとして頑張ってほしいです。

画像1 画像1
画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
5/21 眼科検診(午後)
5/22 プール開き集会(午前中) 後援会評議員会
5/23 歯科検診(午後)
5/24 委員会5 (市P連総会)
5/25 資源回収1