どんな困難にも負けずに、最後の成功を目指して自己のベストを尽くす町校の伝統精神

海の学校まで一人一人ができること〜5年生

 5年生は海の学校へ向けての練習を積み重ね、ぐんぐん泳力を伸ばしているところです。
 海の学校のめあてでもある「集団のきまりを守り、集団の中で自分ができることを考え、実行する」ために、一人一人ができることを考え話し合いました。すると、一歩一歩、生活場面において仲間のために自分ができることを実行する姿が増えてきました。本番まで3週間を切りましたが、焦らずたゆまず、しっかりと準備をしていきたいと思います。

 先日、プールで25分間泳の練習をしている時に、校舎の3階から「ファーイト!」という力強い声が降ってきました。昨年度海の学校を経験した先輩からのエールでした。その声に後押しされるように5年生の子どもたちの掛け声も力強くなっていきました。
 練習を終えて校舎に戻ると「応援してくれた6年生にお礼を言いたい」と子どもたちが考え、6年生教室へ行きました。隊長を中心に全員でお礼のあいさつをすると、6年生から激励の言葉をいただきました。先輩の存在を心強く感じた場面でした。これからも自分たちを支えてくださる方に感謝の気持ちをもって練習していきます。

画像1 画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
8/27 登校指導、全校朝会
8/30 委員会9