どんな困難にも負けずに、最後の成功を目指して自己のベストを尽くす町校の伝統精神

動いて、考えて、また動く!(4年 あおぞら学年)

 国語で、元オリンピック選手の高野進さんが書かれた「動いて、考えて、また動く」という説明文の学習を行いました。
 
 内容の読み取りをしていく中で、題名の通り「本当にそうなのかを検証する」ために、実際動いてから考えてみました。文章の中には、腕のふりがとても重要なことが書かれています。それを実感するために、「試しに手を後ろに組んで走ってみましょう」という文があるので、全員で確かめてみました。
 
 すると、「本当だ!」「走りづらい」「手を振った方が走りが安定するね。」などの言葉が次々と出てきました。また、足の運び方についても、書いてあることを実際にやってみることで、より理解が深まることが多くありました。

 この単元を終えて、「普段考えてないことを考えてみると、もっと良い方法が見つかるかもしれない!」と気付いたあおぞら学年の子どもたち。これからの生活で、「動いて、考えて、また動く」ことをぜひ活用してもらいたいと思います。

 今回、国語と体育を組み合わせたように、教科の枠を越えて学習に取り組んでいます!
画像1 画像1 画像2 画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/17 町内子ども会、下校指導
12/18 JRC学習会 「町校物語」演劇公演
12/19 委員会
12/20 冬の児童集会
12/21 全校朝会
12/23 天皇誕生日