TOP

最後の作品作り

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3年生が美術の授業で、篆刻(てんこく)に挑戦しています。中学校生活最後の作品制作となる篆刻印は、石などに文字を刻んでつくる印のことです。書道や絵画の作品の最後に署名をしたり、印を押したりすることを落款(らっかん)といいますが、それはその書が誰の作品なのかを証明するものとして、また作者の個性を表すものとしても、重要な役割を担うものです。その時に用いるのがこの篆刻印です。

 画像1枚目(左)は、今日の4限の美術の時間に篆刻印づくりに取り組む3年4組の諸君です。既に印の面はほぼ完成しており、手に持つ部分を削ったり丸みをつけたりなどの作業に取り組んでいました。2枚目(中央)の画像は、それぞれの生徒の落款です。自分なりのオリジナリティー溢れる作品ができあがりました。

 美術担当のO先生のお話では、今後全クラスの作品を生徒フォーラムに展示するとのことですので、1・2年生の諸君からも、3年生の中学校生活最後の作品をぜひ見てほしいと思います。

 3枚目(右)の画像は、今日の1限から5限まで2年生が取り組んだ「学習の確認テスト」の様子です。受験真っ只中にいる今の3年生の姿は、間違いなく1年後の2年生の姿です。2年生が計画的に取り組み始めた受験勉強用テキスト「新研究」での学習の成果が、テストの結果に結びつくといいですね。2年生も、もうすぐ最高学年です。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/14 個別面談(4)
午前短縮・金1245・昼清掃・13:30放課
12/16 県吹奏楽アンサンブルコンテスト(妙高市文化ホール)
12/17 諸経費振替日
12/18 生徒朝会
本部役員通達式(放課後)
12/19 学習の確認テスト(2年)
幼児ふれあい体験(2・3限:3年1組:摂田屋保育園)
租税教室(4限:3年)
専門委員会

学校だより

保健だより

給食だより

その他配布文書

グランドデザイン

行事予定表

部活動基本方針

JR・バス申請書