TOP

授業研究(国語)と出前授業(宮内小)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日の3時間目に、1年2組で国語の授業研究が行われました。これは教師になって3年目の国語科のSA先生が、長岡市教育センターの指導を受けながら授業力向上のために取り組んでいる研修の一環で、今日の授業は1年間の研修の総まとめに位置づけられた授業でした。

 今日の学習内容は「比喩(ひゆ)」などの「表現技法」です。S先生はユーモアを交えながら「直喩(ちょくゆ)」と「暗喩(あんゆ)」について説明し、生徒たちに考えを深めさせていました。1年2組の生徒たちも真剣な態度で授業に臨んでおり、とてもよかったと思います。1枚目の画像(左)は、授業の様子です。

 さて、午後からは宮内中の3名の先生方が宮内小学校に出かけ、6年生の児童に出前授業を行いました。6年1組はM先生の数学の授業でトランプゲームを使った「正負の数」の学習を(画像中央)、6年2組はSR先生の体育の授業で「集団訓練」を(画像右)、6年3組はY先生の数学の授業で「数当てゲームの謎解き」を、それぞれ学習しました。

 中学校で学習する数学の面白さや不思議さ、そして規律正しい体育の授業の雰囲気を、宮内小の6年生の諸君から少し体験してもらえたのではないかと思います。宮内小6年生の皆さん、今日はありがとうございました。皆さんが宮内中に入学してくるのを、楽しみに待っていますね。

 出前授業は、これで石坂小上組小前川小、宮内小と、学区の4小学校ですべて実施することができました。4小学校の先生方、児童の皆さん、本当にありがとうございました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31