北中学校の学校の様子をお知らせします。
TOP

7月11日(木)

<自らの人生を選択する>
 今年度第1回目の「ようこう先輩 ミニ講演会」を開催しました。(写真)
 今回の講師は北中学校卒業生のA様でした。ご職業は看護師で、その一方で市民研究メンバーと一緒に「Nagaokaみんな子育てラボ」を立ち上げ、その後も活動をされている方で「自らの人生を選択する」という演題で、生徒にお話いただきました。話の概要を以下に紹介します。
 幼い頃は人前で話をするような子ではなかったが、好奇心は旺盛だった。学生時代は、目立たずおとなしい平凡な生徒だった。高校から看護師の学校へ進み、卒業後に現在の職業に就いた。最初は先輩に怒られながらも仕事は楽しかった。子育て後半で「何かをしたい」と思っていた頃に「まちなかキャンパス長岡」に行き始めた。そこでいろいろな人と出会いがあり、年齢・職業等自分とは違う人と話をする中で自分が変わっていった。自分のものさし・価値観をもち自分でやりたいことを選んで生きるようになり、その頃、子育ての内容を調査する市民研究員になって1年後に発表をした。このことで、自分のものさしの感度を高めることができた。この一歩踏み出したことが転機となり、様々なこと(「着物でまち歩き」「レシピ」「自主上映会」等々)にチャレンジし今に至っている。
 まとめとして「自分の感覚を信じる」ということで話がありました。1 ほんの少しの勇気 2 好奇心・探究心 3 人との繋がりやご縁を大切に 4 一期一会の感覚を大切に というメッセージをいただきました。
 最後に、生徒代表としてNさんが今後の決意を含め、御礼の言葉を述べて終わりとなりました。
 お子さんに話の内容を聞いてみてください。
 講師のA様は、お仕事のシフトの関係でこの日も16時から朝までのお仕事に行かれるとお聞きしました。大変御多用なところご講演いただいたことに感謝申し上げます。また、おいでいただいた保護者・地域の方々、ありがとうございました。

<北中の様子はどうかな?>
 今日は、市教育委員会のインクルーシブ教育関係の学校訪問がありました。(写真)
 年間を通じていろいろな面での教員委員会の方が学校を訪問されます。生徒の学校での様子や、先生方の授業の様子、学校施設等について見ていただき、生徒がより充実した学校生活を日々送れるように支援していただいています。
 いつも授業に真剣に望んでいる生徒のみなさんの姿は、北中生としての誇れる姿であり、いつもお褒めの言葉をいただいています。今後も、授業に集中して取り組んでいきましょう!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31