わくわく日越小体験 つづき

画像1 画像1
 1年生と遊んだあと、来年度の最上級生、5年生との交流を行いました。

 成長していることは感じていましたが、新一年生に話しかけたり、手をつないで歩く姿を見ていると、5年生の子どもたちが大きく成長してきていることが実感できます。新一年生も初めは緊張している様子でしたが、優しく接してもらうことで気持ちもほぐれていったようです。

 体育館では、はじめに5年生が鬼になって鬼ごっこをしました。その後、新一年生が鬼になり、5年生を追いかけました。大好きな鬼ごっこに新一年生は大喜び。全力で逃げ、追いかける様子が見られました。対する5年生は、ほんのちょっと気を使いながら取り組んでいるようでした。新一年生を気遣い、楽しんでもらおうとする気持ちがひしひしと伝わってきます。

 鬼ごっこの次は「じゃんけんリレー」。二人一組で代表者のもとに走っていき、じゃんけんをします。勝ったらそのまま戻ってバトンタッチ。負けたら代表者の後ろの壁まで走って戻るというルールです。ここでも新一年生に気を使いながら、一緒に楽しむ姿が見られました。

 お兄さん、お姉さんと楽しい時間を過ごした新一年生。進学に向けて楽しみな気持ちが膨らんだ様子でした。また、この会を通じてもう一回り大人に近づいた5年生の姿に、頼もしさを感じることができました。今後が楽しみです。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31