長岡市立宮内中学校

立つ鳥跡を濁さず

 「立つ鳥跡を濁さず」という諺(ことわざ)があります。これは、「水鳥が水面から飛び立った後の水辺は、濁る事なく清く澄んだままである」ということから、「立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきだ」「引き際は美しくあるべきだ」という意味で使います。

 3月6日(火)に卒業式を迎える3年生たちは、今まさに宮内中を飛び立とうという水鳥です。そんな3年生が、「立つ鳥跡を濁さず」の言葉通りに、今日の4限に清掃活動に取り組みました。教室の窓ガラス、扇風機や暖房機の隅々、ロッカー室や下駄箱の中など、普段はなかなか清掃の行き届かない細かなところまでみんなで協力しながら一生懸命に取り組み、生徒玄関や4階のフロアが見違えるようにきれいになりました。3年生諸君、ありがとう。ご苦労様でした。(画像1・2枚目)

 今日の6限には、全校生徒による3回目の卒業式練習を実施しました。今日は校歌や君が代をはじめとする歌の練習が中心でした。3年生の「中学校生活を最後までしっかりやりきろう」という気持ちと、1・2年生の「先輩の卒業を心からお祝いしよう」という気持ちが合わさり、明日にでも卒業式を実施できるレベルまで準備ができました。全校生徒諸君、お疲れ様でした。

 3枚目の画像は、校舎2階の「おおぞらギャラリー」の掲示板です。今月は卒業特集ということで、おおぞら・つばさ学級の生徒たちが、明るい色使いできれいに飾り付けをしてくれました。「おおぞらギャラリー」の季節ごとの掲示物も、今年度最後の作品になるのだろうと思います。おおぞら・つばさ学級の生徒たち、1年間ありがとう。皆さんの作品のおかげでいつも心が和(なご)み、素敵な気持ちになりました。

【3年生の生徒諸君へ】
 今日の午前11時で、公立高校一般入試の志願先変更が締め切られました。いよいよ志願者数の最終決定となります。今日の夕方のニュース、明日の新聞報道に注目してください。そして、最後まで全力を尽くし、努力を続けてください。

【全校生徒諸君へ】
 いったんおさまっていた宮内中でのインフルエンザの流行ですが、ここ数日で罹患者が少し増加傾向にあり、現在全校で5名が出席停止となっています。市内の小中学校の中には、現在学級閉鎖の措置をとっている学校もあります。特に卒業式と受験直前の3年生、修学旅行が迫っている2年生は、インフルエンザに絶対に罹患しないように、最大の注意を払ってほしいと思います(もちろん1年生もです)。保護者の皆さんのご協力もよろしくお願いします。



【お知らせ】 2018-02-28 16:00 up!

画像1
画像2
画像3