長岡市立上塩小学校

緑の少年団交流集会

8月7日(月)
3〜6年生が、緑の少年団交流集会に行ってきました。
今年の会場はおぐに森林公園。
中越市区から、5校70名の団員が集まりました。
6つのグループに分かれて、他の学校の仲間と一緒に活動しました。

輪切りにした木を使って、ブンブン回しやブローチ等を作る森の工作と、
森林インストラクターの方と一緒に森を歩いてクイズに答える
森の散策の2つの活動を交替で行いました。

森の散策では、森の動植物について教えていただきました。
椿の葉で鳴らす笛に夢中になる班もありました。
途中のつり橋は、ゆらゆら揺れてスリル満点でした。
森のクイズでも、全問正解した班が4つあり、
優勝を決めるジャンケンも盛り上がりました。

森の工作では、輪切りにした木に生きものなど
思い思いの絵柄を描きました。
インストラクターの方が、バッジ、ペンダント、キーホルダーなど
希望する物に仕上げてくださって、
自分だけのアクセサリーができました。
ブンブン回しは大人気で、子どもたちはすぐに
回し方のコツをつかんで上手に回していました。

この日は、今年最高の暑さでしたが、
参加した子どもたちは、暑さにも負けず一日元気に活動しました。
また、他校の子どもたちとも、交流を深めることができました。
自然に囲まれた上塩小ですが、じっくりと森を観察したり
自然物で工作をしたりする機会は、普段あまりありません。
この日の交流集会は、とてもよい経験となりました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。




【お知らせ】 2017-08-08 08:21 up!

画像1
画像2
画像3