学校経営方針

「米百俵」の精神は,長岡市民が受け継いできた大きな財産です。 「国が興るのも町が栄えるのもことごとく人にある。食えないからこそ学校を建て人物を養成するのだ。」 時の大参事・小林虎三郎の精神は,今なお国漢学校を前身とする私たちの阪之上小学校に脈々と流れています。「歴史と伝統」を引き継ぎ,ふるさと長岡の未来を切り拓こうとする気概を育む教育の創造をめざします。

教育目標

mokuhyo.jpg

基本方針

〜「確かな学び」と「潤いのある学校生活」を実感できる教育活動の推進〜

〇高いレベルでの「調和」がとれた学校を目指します。
〇新しいものに挑戦しながら「伝統」に磨きをかける学校を目指します。
〇内外・各方面からの「信頼」を高める学校を目指します。

確かな学力の育成(「かしこく」) 〜学力ナンバーワンを目指した授業づくり〜

(1)「学習者としての自立」を促す授業づくりを進めます。
(2)研究教科・分野の指導力向上を進めます。
(3)データに基づく指導法の工夫と効果検証を進めます。

豊かな心を育てる(「あたたかく」) 〜温かくて規律ある学校生活〜

(1)一人一人の心のひだに触れる指導を行います。
(2)いじめ・不登校・問題行動等への的確な対応を進めます。
(3)人間関係づくりを重視した指導を行います。

体力の向上(「つよく」) 〜体力・技術の向上を実感できる体育活動〜

(1)一人一人の課題に応じた取組を組織します。
(2)学校行事・児童会活動等をとおした運動体験・生活改善を進めます。

特別支援教育の充実

(1)全校体制による組織的な取組を行います。
(2)情報連携,行動連携の強化を図ります。

調和のとれた潤いのある学校,地域とともに歩む学校づくり

(1)積極的な情報提供と開かれた学校づくりを進めます。
(2)地域との連携,地域貢献につながる取組を行います。

豊かな教育活動を展開するために

地域の誇りとされる学校、子どもを入学させたいと思われる学校には、引き継がれてきた学校の伝統と魅力ある教育活動が存在します。 そして、教育愛にあふれた教師集団によって実践されています。 これが阪之上小学校の伝統であり強さであると考え、継承していきます。
 教師の情熱と指導力、そして教育環境により教育効果は左右されます。 私たちは、新しい時代の新しい教育を展開するパイオニアを目指します。 そして、一人一人の教職員が阪之上小学校の「学校の顔」となるよう努力します。