沿革

明治2年5月 meiji2
小林虎三郎病翁,三島億二郎等の先駆者が四郎丸昌福寺に国漢学校を開設
3年6月 meiji3
坂之上町旧市役所跡に新校舎を建て,医学局を併置
(長岡の教育の支えになっている米百俵の由来)
4年5月 長岡小学校と改称,明治5年学制発令により長岡分黌
7年10月 meiji3-2
新潟県第三中学区公立第二十番小学阪之上校と称し,長岡分黌から分離して旧国漢学校校舎に於いて授業を開始(創立起源10月15日)
10年3月 meiji10
旧牧野城内の坂之上町に校舎を新築し,移転(3月30日)
12年 教育令改正により,新潟県第七中学区公立第一番小学校と改称
37年 古志郡町立阪之上尋常小学校と改称
39年 新潟県長岡市立阪之上尋常小学校と改称
大正8年 校舎改築第一校歌を制定
9年 火災に遭い,校舎消失のため再び新築
12年 創立50周年記念式を挙行(9月15日)
昭和9年9月 syouwa9
玉蔵院町950番地の1に校舎を改築し,移転
16年4月 長岡市立阪之上国民学校と改称
20年8月 長岡大空襲による火災のため校舎を焼失
22年 syouwa23
長岡市立阪之上小学校と改称東坂之上1丁目に校舎を新築する
28年10月 創立80周年記念式を挙行第二校歌制定
34年11月 火災のため校舎の大部分を焼失
残存校舎と東中学校及び南中学校の一部で分散授業(11月4日)
35年8月 syouwa35
校舎落成(8月31日)9月14日から授業開始
10月14日竣工式
44年6月 開学百年記念式
46年11月 「これからの教育を考える」第1回教育懇話会を開催(11月25日)
以後、2〜3年に1度の割合で懇話会を開催
48年11月 syouwa48
創立100周年発表会,祝賀会を挙行(11月2日)
50年11月 「こらからの教育を考える」−一人一人を大切にする教育−授業公開研究会を開催
51年3月 『阪之上の実践』刊行
「これからの教育を考える」-研究紀要第6集刊行以降毎年刊行
58年10月 創立110周年発表会,祝賀会を挙行
『わたしたちの悠久山』発刊
63年4月 科学技術庁長官賞受賞
63年10月 県生物標本展「学校賞」受賞
『わたしたちの悠久山』新訂版発行
伝統教室の新装一般公開
平成元年2月 「地域総合活動」研究の集い開催
2年11月 創造性に富んだ特色ある教育に対して「第6回教育奨励賞」を受賞
3年11月 学区民・市内の教員を招いての「私たちの学校」発表会を開催
8年3月 日本教育公務員弘済会教育賞
9年10月 「阪之上の教育を語る会」を開催
10年4月 「米百俵(学習情報)ネットワーク開発研究事業」の推進校(〜11年)
「学校図書館情報化モデル事業」の推進校(〜12年)
11年4月 NHK「ようこそ先輩」のテレビ収録
チャレンジ21教育推進事業の推進校(〜12年)
12年8月 syouwa48
校舎改築工事開始
13年7月 校舎お別れ会
13年9月 heisei12
新校舎完成校舎完成を祝う会
14年4月 学力フロンティアスクール(〜16年)
14年7月 グラウンド完成 竣工式
15年10月 創立130周年記念式典・記念発表会,祝賀会
16年3月 県教育公務員・新潟日報社主催
「第3回特色のある教育実践校・園の応募論文」最優秀賞受賞
16年10月 新潟県中越大震災により臨時休業
16年11月 古志郡山古志村立山古志小学校受け入れ
17年2月 文部科学省指定「学力向上フロンティアスクール」3年次発表会
研究主題「一人一人の学力を確かに向上させる指導」
17年10月 本物の舞台芸術体験(京都フィルハーモニー室内合奏団)の演奏
アメリカ教育者学校訪問(フルブライト教育視察団)
18年10月 新教育システム開発プログラム事業「阪上学」開始
山古志小学校・阪之上小学校お別れ会
19年10月 山古志小学校交流会実施
19年11月 文部科学省新教育システム開発プログラム中間報告会開催
20年6月 開学140年記念集会「子どもの教育を語り合う会」
21年4月 特別支援学級「すこやか」開設
22年9月 「阪之上の教育を語る会」実施
23年11月 新潟県音楽研究会授業研究会
24年3月 「阪之上防災の日」集会〜東日本大震災〜実施
24年10月 「阪之上防災の日」集会〜中越大震災〜実施
25年10月 創立140周年発表会 祝賀会を挙行
『わたしたちの悠久山』『わたしたちの学校』新訂版を発行
26年10月 長岡市米百俵まつり 児童参加
27年11月 「阪之上小学校 教育研究発表会」開催
28年10月 学校・子どもかがやき塾夢企画「ART for PEACE」全校児童によるキッズゲルニカ製作