学校概況

1.地区の概況

顔

現在の校舎は,旧東谷小学校と栃堀小学校の2校の統合により,昭和43年に新設された。
 その後,平成9年に栗山沢小学校,13年度に入東小学校と統合した。

 このことにより,学区は東谷地区全域となり,
 栃堀,小向,大川戸,菅畑,赤谷,泉,宮沢,栗山沢,下来伝,上来伝,寒沢,松尾,吹谷
 の計13地区となった。

 学区には刈谷田川と来伝川が流れており,学校は刈谷田川のほとりにある。
 校舎の周りには田んぼが広がり,その周りに山がある。
 さらにその向こうには守門岳がそびえており,自然が豊かな地域である。

 児童は祖父母と同居している場合が多い。
 農業に従事している祖父母が多いが,
 保護者は市の基幹産業である繊維業に関係する仕事をしている場合が多い。

 教育への関心は高く,
 学習参観やPTAの諸行事には進んで参加し,
 協力的である。